ワークアウトの決定版!トレーシーメソッドエクササイズの特徴を紹介!魅力は高くて早い効果と簡単な動き☆
299views

ワークアウトの決定版!トレーシーメソッドエクササイズの特徴を紹介!魅力は高くて早い効果と簡単な動き☆

トレーシーメソッドエクササイズの特徴は女性らしい体型を手に入れることが簡単にできるところにあります。ハードなトレーニングも苦しい思いも必要なく、全身の筋肉を楽しく動かすことで理想の体を手に入れることができる究極のエクササイズです。

トレーシーメソッドエクササイズの特徴と効果

トレーシーメソッドエクササイズはトレーシー・アンダーソンという女性が考案した、「どのような体質の人も理想の体になれる」という究極のエクササイズです。
トレーシー・アンダーソンはマドンナなどの多くの海外アーティストやセレブのトレーナーとして活動し、数多くの女性を理想の体にさせてきました。
2009年に発売された『ザ・トレーシー・メソッド DVD Book』は現在でも多くの女性から支持されるワークアウトとして知られています。

トレーシー・メソッドの誰にでも高い効果のワケ

トレーシーメゾットの高い効果

トレーシー・メソッドはトレーシー・メソッドが150人もの女性のボディメイクを行って得た知識と経験がぎっしり詰まったエクササイズです。なので、どのようなタイプの女性にも効果が高いのです。
多くのダイエットエクササイズやワークアウトは一時期もてはやされても、短期間でその人気が廃れてしまうことが多いものです。しかし、トレーシー・メソッドはきちんと行う人には確実な効果を出しくれるという高い効果で今でも人気のあるエクササイズです。
今回はトレーシー・メソッドがなぜ効果のあるエクササイズ方法なのか、その特徴を紹介します。

【特徴1】全身の筋肉を使う

人の体には大きな筋肉から小さな筋肉まであり、その数は600を超えると言われています。
しかし、数多くある筋肉を全てバランスよく使っている人は少ないのが現実です。ほとんどの人は決まった筋肉のみを動かして運動や生活をしており、このように偏った筋肉だけを使うといつも使う筋肉が疲労し炎症を起こしたり、使っていない筋肉は硬くなります。
筋肉に問題が起きると、筋肉で燃焼されるエネルギーが減り、余分な脂肪が付く原因になります。そのためトレーシー・メソッドは簡単で効果的な動きの中で、600もの筋肉をバランスよく使うことができるように工夫されています。

【特徴2】小さな筋肉を鍛えて理想の体型になる

トレーシー・メソッドの2つめの特徴は鍛える筋肉を小さな筋肉としているところです。
小さな筋肉は大きな筋肉と違って、鍛えても大きく発達することがなく、細い体型になるための筋肉です。この筋肉は小さく鍛えにくいために、トレーシー・メソッドを始めた人は最初に体のどこと言えないような部分が筋肉痛になることが多いようです。
このような筋肉痛を最初の数回で経験できた人はトレーシー・メソッドで大きな結果を出せる人です。筋肉痛になってイヤな思いをするかも知れませんが、それは成功の第一歩だと思って、よりワークアウトに励みましょう!

女性らしい体型のための筋肉

トレーシーメゾットで目指す体型

女性らしい体つきはしなやかで筋肉質とはほど遠い感じがします。しかし、実は女性らしい体にはたくさんの細く、小さな筋肉が必要なのです。その女性らしいラインを作るためのエクササイズには強い負荷やハードなトレーニングよりもトレーシー・メソッドのようなあまりハードでない運動が最も効果的なのです。

【特徴3】呼吸を止めずに動き続ける

トレーシー・メソッドの3つ目の特徴は、エクササイズ自体はあまり辛くないということです。
大切なのは苦しくない程度にエクササイズを長く行うことです。1回60分という時間は動きそのものよりも、長い時間をかけることに意味があります。
なぜなら、長く続ける運動が脂肪燃焼を促すからです。そのため、息が上がったり、呼吸を思わず止めてしまうようなことがないようにトレーシー・メソッドでは単純で、単調な動きになっています。

【特徴4】効果が早い!

トレーシー・メソッドの特徴4つ目は効果が現れることが早いところです。体質改善や筋肉ができるには3ヶ月程度が必要と言われています。
しかし、トレーシー・メソッドでは1週間に4~6回程度行うだけで、早くて1週間目で効果が出る人が多くいます。
その理由は今まで使っていなかった筋肉を刺激することで、脂肪の燃焼効果が一気に上がるからです。効果が早く出るので続けるモチベーションも上がります。

エクササイズを続けるコツ

トレーシーメゾットを継続するためのコツ

どんなに良いエクササイズでも続けて行えなければ効果がありません。エクササイズを続けるコツは「毎日、絶対に行う」という決まりを作らないことです。毎日やらなければならないと決めると一日やらない日ができたときに挫折感となって、その後のエクササイズへのモチベーションがあがりにくくなります。そのため、「2日連続で休まない、あるいは3日連続で休まない」として1日くらいやらなくても「続けること」に重点をおいた目標を達成することを目指します。

PR