日本の大学教授が考案した体内時計ダイエットで規則正しく痩せよう!
64views

日本の大学教授が考案した体内時計ダイエットで規則正しく痩せよう!

体内時計ダイエットは日本大学薬学部の大学教授が考案したダイエット方法です。夜更かしし過ぎたり、徹夜をすると身体の体内時計が狂ってしまうため、太りやすくなります。体内時計ダイエットでは早寝早起きの規則正しい生活や決まった時間に食事を取ることによって、痩せやすい身体を作ることができるダイエット方法です。

体内時計ダイエットとはどんなダイエット方法なの?

日本の大学教授が考案したダイエット方法です

日本の大学教授が考案したダイエット方法です

体内時計ダイエットとは、日本大学薬学部の教授が考案したダイエット方法です。

ごくごく当たり前のことなのですが、昔から早寝早起きをすることが健康の秘訣だと言われています。また決まった時間に、栄養バランスのよい食事をしっかり三食いただくことも大切です。

こうした生活を毎日繰り返すことによって、身体の中にある体内時計がしっかりと働くため、太ることはありません。つまり規則正しい生活をしっかりおくることで、痩せる身体を作ることができるというダイエット方法なのです。

体内時計とダイエットとの関係とは?

体内時計とダイエットとの関係とは?

何故体内時計が規則正しく働くことによって、ダイエットすることができるのでしょうか?

その理由は、生物の身体の中には、体内時計というものがあり、体内時計を動かすには、時計遺伝子という物質が大きく関係しています。時計遺伝子は、朝早く起き、朝日を浴びることによって、正常化されていきます。

また朝日を浴びることによって、身体の働きを活発化させ、痩せやすくなります。朝寝坊したり、お昼まで寝ていると、時計遺伝子の働きが悪くなるため、太りやすくなってしまうのです。

深夜0時から2時の飲食はデブの元に!

深夜0時から2時の飲食はデブの元に!

時計遺伝子の物質の中には、なんと太る遺伝子も含まれており、ビーマル1という遺伝子が含まれています。このビーマル1が増える時間帯が決まっており、それは深夜0時から2時の時間帯なのです。この時間帯に、暴飲暴食をすると、すべて脂肪として身体に身につくことになるので、気をつけましょう。

学生や社会人向けのダイエット方法です!

体内時計ダイエットで規則正しい生活が送れる!

体内時計ダイエットで規則正しい生活が送れる!

体内時計ダイエットは、毎日学校や、仕事に行かなければならない学生や社会人向けのダイエット方法だと言えるでしょう。毎日決まった時間に起き、食事を取るだけで、簡単に痩せることができます。またダイエットでさらに規則正しい生活を送ることができるので、健康的に痩せられます。

朝食の取り方は起きてから1時間以内に頂きましょう

朝食の取り方は起きてから1時間以内に頂きましょう

体内時計ダイエットの朝食の頂き方は、朝、カーテン越しに陽の光をしっかりと浴び、起床後1時間以内にしっかり朝食をいただきましょう。寝起きで朝は食欲がないという方も、パンなどの炭水化物と茹で卵などのタンパク質のおかず、小さめのフルーツを一つ頂きましょう。

昼食はどんぶりものもOKです

体内時計ダイエットの昼食は12時ぐらいに頂きましょう。600キロカロリー以内であれば、丼物やてんぷら、お肉など好きな物をガッツリといただいてOKです。

夕食は8時までに!

夕食は8時までに!

体内時計ダイエットの夕食は、8時までに食事を終えることが大切です。和食中心の食事メニューがよいでしょう。残業で遅くなる場合には、8時までにおにぎりなどを軽く食べてすませておきましょう。

外に出られない場合には、デスクの引き出しににカロリーメイトなどを常備しておくとよいかもしれません。夕食後から就寝までの間は何も食べないことが大切です。

夜食をいただくと、太る遺伝子のビーマル1の働きが活発化されるので、注意しましょう。

PR