ボクシングジムの会長が考案した餃子ダイエットとは?
40views

ボクシングジムの会長が考案した餃子ダイエットとは?

餃子ダイエットとはあるボクシングジムの会長が、ボクサーのために考案したダイエット方法です。餃子を夜食べることによって体重を落とすことができます。餃子は肉や野菜などが含まれており、皮の部分が炭水化物で出来ているため、ダイエット食として優秀な食材です。

餃子ダイエットとはどういうものなの?

まさか餃子で痩せられるとは!?

 まさか餃子で痩せられるとは!?

餃子といえば、ダイエット中は絶対に食べてはいけない食べ物だというイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、ある情報番組で、餃子ダイエットが紹介されると、爆発的な人気となり話題を呼んでいます。餃子ダイエットとは、あるボクシングジムの女性会長が考案したダイエット方法です。ボクシングジムに通っているボクサーが、夜、餃子を食べるだけで体重を落とすことができたという成功談を聞き、ボクシングジムの女性会長が、餃子ダイエットを考案したのが始まりです。

痩せる餃子の秘密とは!?

痩せる餃子の秘密とは!?

何故、餃子で痩せることができるのか?誰もが不思議に思いますよね。餃子は油で焼いているし、中にはお肉なども含まれているので、カロリーも高いイメージもあるのではないでしょうか。

餃子には、小麦粉で作られた皮と、お肉、ネギやニラなどの野菜が含まれており、餃子だけを食べることによって、普通の食事を取るのと、ほとんど変わりがありません。単品ですが、炭水化物、タンパク質、ミネラルやビタミンが取れるので、ダイエット中の食事代わりにすることも可能なのです。

餃子ダイエットのやり方は?

夜だけ餃子にします

夜だけ餃子にします

餃子ダイエットのやり方は、夜だけ餃子を300グラム食べます。朝食はバナナやオレンジジュースなど軽めにすまし、お昼は、おにぎりなどの炭水化物とおかずをいただきます。三食すべて餃子を食べるわけではないので、無理なく続けることができるのではないでしょうか。

一日のカロリーもこのメニューであれば1200キロカロリーぐらいに押さえることができるので、ダイエット期間中も、滅茶苦茶お腹が減るというわけでもないので、無理なく続けていくことができるのではないでしょうか。

餃子の中身に工夫すればさらに痩せ効果がアップ!

餃子の中身に工夫すればさらに痩せ効果がアップ!

餃子ダイエットでは、市販されている餃子を利用するのもよいのですが、もっとダイエット効果をアップさせたいという方は、中身を工夫してみるのも一つの方法かもしれません。

脂肪燃焼効果のあるニンニクやショウガ、ニラやネギなどをたくさん入れれば、身体を温め、脂肪を燃やすことができるため、基礎代謝率がアップします。また肉の分量を減らし、野菜をたくさん入れればカロリーもさらに押さえることができます。味付も自分の食べやすいようにアレンジすれば、毎日続けても飽きることはありません。

餃子ダイエットはアレンジも可能

 餃子ダイエットはアレンジも可能

夜だけずっと餃子を食べ続けるのは、さすがに辛いという方は、餃子ダイエットにアレンジを加えてみてはいかがでしょうか。餃子ダイエットでは、夜のみ餃子を300グラム食べるのが基本なのですが、餃子と野菜炒めなどのアレンジメニューを300グラム以内に押さえればよいのです。

餃子と一緒に美肌効果のあるまいたけや、アボカド、クコの実を取ると、シミ予防にもなります。餃子の餡の中に、ヒジキや黒ゴマを入れると、抜け毛防止や白髪防止にもなります。ゴボウやクルミなどを入れると、食物繊維がとれるため、腸内環境をよくし、便秘予防にもなります。もともとボクサーのダイエットですが、アレンジ次第で女性の美を高めてくれるダイエット法にもなりますよ。

PR