ダイエット中は白ワインや赤ワインを飲んでもいいのでしょうか?また、赤白で違いはあるのでしょうか?
232views

ダイエット中は白ワインや赤ワインを飲んでもいいのでしょうか?また、赤白で違いはあるのでしょうか?

ダイエットはしたいけど、アルコールはどうなんでしょう?と思っているあなたに朗報です。ダイエット中は白ワインを飲んでもいいようです。カロリーはどうなんでしょう?特に白ワインは、デトックス効果が赤ワインよりも優れているそうです。どんな美容効果があるのかを知ることで、飲んでいいのか悪いのかがわかります。

ダイエット中は白ワインを飲んでいいのでしょうか?

ダイエット中に白ワイン?

ダイエット中の白ワインの効果

ダイエット中に白ワインを飲めるなんて!!

ダイエットをしている時には、アルコールを飲むのはいけないと思っている人は多いと思います。もちろんすべてのアルコールが大丈夫とはいえませんが、白ワインには美容効果があるそうです。腸内のバランスを整え、老廃物を出して新陳代謝をあげてくれるのです。そんな白ワインについて詳しく見ていきましょう。

白ワインにはどんな効果があるの?

腸内のバランスがよくなるって本当?

白ワインには、有機酸という成分が含まれています。有機酸は、お酢やクエン酸、リンゴ酸といった酢の性質を持ったすっぱい成分の事です。有機酸は、腸内のpHを下げて、腸内を弱酸性に保つ働きがあります。この働きによって、腸内に善玉菌だけを残し、悪玉菌を殺します。すると、腸内のバランスが良くなり、便秘や下痢を防いでくれます。しいては、大腸癌の予防効果もあるといわれています。

消化促進の効果があるって本当?

有機酸という白ワインに含まれる成分には、アルコールと合わさると素晴らしい相乗効果が生まれます。アルコールには、消毒や殺菌作用がありますが、そこに有機酸が加わると、アルコールだけの時よりも消毒や殺菌効果がはるかに強くなるのです。ある実験報告によると、10万個の大腸菌やサルモネラ菌が10分ほどで全滅したということです。そんな短い時間で、食事中に白ワインを飲むことで、食中毒を防いでくれたり、悪玉菌を作らないよう消化を促してくれるのです。

新陳代謝を促してくれるって本当?

白ワインのもう一つの特徴は、カリウムを豊富に含んでいるということです。含有量は赤ワインよりも多いのです。カリウムは、むくみの敵ナトリウムを排出してくれます。利尿効果が高く、水分、老廃物をカラダから出してくれます。その結果、カラダの新陳代謝を促進し、肥満防止にも効果があるのです。

赤ワインの効果は白ワインと比べてどうなのでしょう?

ダイエット中の白ワインの効果赤ワインの効果

ダイエット中は赤ワインは効果あるの?

赤ワインには、ポリフェノールが含まれているのはよく知られています。その抗酸化作用には、肌や体を健康にしてくれる効果がありますが、便秘中には避けたほうがよいのです。というのは、赤ワインに含まれるタンニンという成分のせいなのです。タンニンは、体内で細胞や血管を収縮させます。そして、腸の粘膜に特殊な膜を作ります。その膜が腸への刺激を弱め、便意を低下させるのです。もう一つ、タンニンには、鉄分の吸収を妨げ、血行を悪くし、冷えを引き起こします。冷えは便秘につながります。そのあたりが白ワインとの違いです。

白ワインと赤ワインどちらが効果的?

白ワインと赤ワインには、成分にこんなに違いがあるのですね。どちらも体にいい効果があることは、十分知られています。白ワインは有機酸とカリウムという成分により、腸内のバランスを良くしてくれたり、新陳代謝も促してくれます。ダイエット中に飲んでも良いと言われています。一方赤ワインは、ポリフェノールが多く含まれ、動脈硬化予防や癌予防に効果があると言われています。このことから、ダイエット中には白ワインを飲んでもよいという事なのです。

PR