痩せて、頭が良くなり、生活習慣病も予防!?朝スープダイエットの効果
55views

痩せて、頭が良くなり、生活習慣病も予防!?朝スープダイエットの効果

続けやすく成功者の多い朝カレースープダイエット。朝食からカレーで本当に痩せるの?朝スープダイエットの効果はカロリー節約だけではないのです。代謝アップに、脳力アップ、胃腸の不調改善に、生活習慣病の予防まで?

TVで話題の朝スープダイエットとは?

 

朝スープダイエットをおすすめ

スープダイエットは効果のあるダイエット方法ですが、辛くて続かなかったりリバウンドしてしまう失敗例も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが朝スープダイエットです。

朝食をカレースープに置き換えるだけなので、空腹も気にならず、続けやすいと評判です。

しかし、朝をカレースープにするだけで本当に痩せるのでしょうか。実は、朝スープダイエットの効果は摂取カロリーの節約だけではありません。美容だけではなく健康にも良い朝スープダイエットの秘密を探りました。

カロリーを摂ったのに?朝食ありの方が痩せる

これまで朝食を抜いていたのにわざわざカレースープを食べるとその分の摂取カロリーが増えるだけではないかと思いませんか。

実は、朝食をとっている人と、朝食抜きの人では、朝食ありの人の方が肥満傾向が低いのです。

朝食を食べると、代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。朝スープダイエットはカレースープですから、香辛料の影響で更に代謝がアップします。そして、カレー粉に含まれるウコンは脂肪燃焼を助ける効果があります。

また、同じ量食べるなら、一日の活動エネルギーになる朝食の方が脂肪として身体につきにくいのです。朝食をとると、その後の間食や昼食、夕食でのドカ食いを防げるのも見逃せない効果ですね。

認知症の予防に

インド人は、アメリカ人の4分の1のアルツハイマー病の発症率だといわれている

朝スープダイエットの効果は肥満予防だけではありません。

二重の意味で頭の働きを助け、認知症の予防にもなるのです。

脳はブドウ糖を栄養源としてはたらきます。朝食を食べると、学生の問題の正答率が上がるという調査もあります。しかも、カレーは認知症を予防します。カレーが主食のインド人は、アメリカ人の4分の1のアルツハイマー病の発症率だといわれています。

すっきりとした目覚めに

朝食はすっきりとした目覚めとその晩の安眠をもたらします。

朝食を食べると、体温が上がり、身体はスムーズに活動に入ります。温かいスープならその効果はなおさらです。

夜寝付けない人にも朝食はお勧めです。夜更かし、朝寝坊の生活習慣を改善するには、眠くないのに夜無理に眠るより、朝早起きすることからはじめた方が生活リズムを整えやすくなります。

胃腸の働きを良くする

朝食事をとると、胃の不快感の改善や、便秘の解消にも

なんとなく胃が重かったり、胃酸が上がりやすい人には夜沢山食べ朝食べない人が多いものです。

朝きちんと食事をすると、胃腸が目覚め、胃の不快感の改善や、便秘の解消にもつながります。

かといって、朝から重いものを食べるとかえって胃腸に負担がかかることがあります。胃腸の働きの改善には消化の良いスープは消化器の働きを整えるのにもってこいです。

生活習慣病を予防する

朝食を摂ることは心疾患、脳卒中、がん、糖尿病などの生活習慣病の発生リスクを減少させます。朝食をとらないことはエネルギー不足にもつながりますし、食事が一日の後半に偏ることが動脈硬化の原因のひとつになります。

加えてカレーに含まれるターメリックやウコンは心臓病やがんのリスクを下げます。

PR