アメリカ発のオイルダイエット!バターコーヒーのダイエット効果とは
82views

アメリカ発のオイルダイエット!バターコーヒーのダイエット効果とは

アメリカ発の新しいダイエット、バターコーヒーについてお話しします。36kgも痩せた人がいます。2016年は、トレンドダイエットになるかもしれませんよ。バターコーヒーのダイエット効果など詳しくご説明します。

coffee-631767_640

またまた出ました。海外発の新しいダイエット!その名もバターコーヒーダイエット!聞いたことありますか?

「コーヒーにバター?えっ?」って思うかもしれません。でもコーヒー党の皆さんなら、朗報だと思いますよ。なにせ、大好きなコーヒーを飲みながら痩せられるのですから!
バターコーヒーのダイエット効果、いかがなものでしょうか?以下で詳しくお話ししていきます。

バターコーヒーで楽々ダイエットしよう!

バターコーヒーっていったいどんな飲み物?

バターコーヒーっていったいどんな飲み物?

バターコーヒーはアメリカで考案されました。現地ではブレットコーヒーと呼ばれています。ブレットは防弾という意味ですが、ブレットプルーフという健康ブランド会社のデイブ・アスプレイさんが考案したため、こう呼ばれています。ちょっと後付けな感じもしますが、弾丸も通さないほどエネルギッシュなんて意味もあるんだとか。

バターコーヒーとは、その名の通り、コーヒーの中にバターを入れたものを言います。コーヒーだけならノンカロリーなため、ダイエットにぴったりですが、なぜわざわざ高カロリーなバターを入れてしまったのでしょうか?ダイエットどころか余計に太りそうです。

デイブさんは、チベットを旅行中に現地の人からバター入りのお茶をもらったそうです。チベットや周辺のモンゴル、北インドなどは寒さが厳しい土地です。気候も乾燥していて、油分や塩分が失われがちになります。現地の人々は不足しがちな栄養を補うためにバター入りのお茶を飲んでいました。デイブさんは、これにヒントを得てバターコーヒーを考案したそうです。

しかし、私たちがよく口にするパンに塗るようなバターを入れるわけではありません。バターコーヒーの“バター”は“ギー”を使います。ギーとは牛科のヤクの乳から取れる脂肪分です。

バターなのにダイエット効果があるのはなぜ?

ギーは、エネルギーの元となる中鎖脂肪酸を多く含んでいて、脂肪を燃やしたり酸化を防ぐビタミンA、Eも多く含んでいます。ココナッツオイルやオリーブオイルがダイエットに効くように、ギーも摂取すると痩せやすくなる効果をもっています。

バターコーヒーの作り方は?

coffee-545102_640 バターコーヒー

バターコーヒーの作り方は簡単です。有機コーヒーにギーを入れて溶かして飲むだけです。
日本ではなかなかギーが手に入りづらいですね。アメリカではギーの代わりに無塩グラスフェッドバターを入れています。しかし、残念ながら、こちらも日本では入手困難なバターです。

日本で同様の効果のあるバターコーヒーを作ろうと思ったら、牧草で飼育された牛の乳から摂ったバターを使ってみてください。一般的なバターよりオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランスよく含まれていて、コレステロールを下げたり肌荒れや冷え性に効いたりして、健康だけでなく美容にも適しています。

ギーではなく、バターを使う時には、以下のような手順で作ってみてください。

①ドリップなどで有機コーヒーを作る

②①にバターとココナッツオイルを各大さじ1入れる

③ミキサーやブレンダーでよく混ぜる

④泡だったらカップに注いで完成

考案者のデイブさんは、なんと36kgも痩せたそうです。コーヒー好きな方はいつも飲んでいるついでと思って、ぜひ試してみてください。

PR