美味しく食べて健康的に痩せる!酒粕ダイエットの方法とコツ
107views

美味しく食べて健康的に痩せる!酒粕ダイエットの方法とコツ

酒粕ダイエットの方法は1日50gの酒粕を摂取するだけという簡単なもの。しかし、酒粕に含まれる栄養のおかげで代謝の向上、排泄が促進されるなど健康的に減量できると評判です。天然の健康食品と言われる酒粕は食べ続けることで生理や更年期障害などの体の不調を改善してくれる効果も報告されています。

食事量を減らさなくても痩せる?酒粕ダイエットの方法

つらい食事制限はないのに、減量効果が高い?!

酒粕はお酒をつくるときに出る生成物です。廃棄されることも多いのですが、実は多くの栄養素を含んでいるといわれて天然の健康食品として近年注目を集めています。この酒粕を利用してダイエットをする酒粕ダイエットはつらい食事制限はないのに、減量効果が高いことで知られています。

今回は酒粕ダイエットの具体的な方法を紹介します。

酒粕の品質は慎重に選ぶ!

近くに酒蔵がある場合には、お願いするともらえるかもしれません

まずは酒粕ダイエットに使う酒粕を購入します。近くに酒蔵がある場合には、お願いするともらえるかもしれませんが、基本的には通販などでの購入が多いと思います。

そのときに大切なのが酒粕の品質です。酒粕の品質はそのままお酒の品質に直結するので、高品質のお酒のもの、きちんとお酒を手作りしているお店が販売している酒粕を使いましょう。

酒粕にはグレードの他、アルコール分の残留についても留意する必要があります。お酒に弱い人はあまりアルコール分が多いものを利用しないようにしましょう。お酒大好き!という人はかなりこだわっていいお酒の酒粕を購入すると楽しく酒粕ダイエットに取り組めるでしょう。

摂取量は1日50g!多すぎても意味はない!

酒粕ダイエットは1日50gの酒粕を摂取するだけというとても簡単なものです。朝、50g摂取しても50gを3回に分けて摂取してもかまいません。日中に外出する人なら、朝夕1回25g程度を和え物にしたり、汁物にいれたり、あるいはご飯にそのままかけて食べるようにします。

どのような方法でもよいので、必ず食事と一緒に食べるようにします。 食事と一緒に摂取することで、食べ過ぎを防いだり、効率よく排泄する手助けをしたり、あるいは血糖値乱高下を防ぐなどの効果が期待できます。

食事と一緒に無理な場合にはドリンクで

a1750_000001 酒粕から作った手作り甘酒

どうしても味が馴染めないという場合やメニューに合わせられない、というときには酒粕ドリンクや甘酒にして飲みましょう。

しかし、このとき、砂糖などの糖分の多い甘味料で酒粕を摂取してはダイエット効果は期待できなくなってしまいます。そのような場合にははちみつやメープルシロップなどできるだけ自然な甘味料を使用しましょう。

天然甘味料で低GI値でもある、アガベシロップもおすすめです。ただし、アガベシロップは中性脂肪を増やすことがあるので、血液検査で高コレステロールを指摘されている人には向きません。

太っているのに、低コレステロールという場合にはそのためにホルモン生産が十分でなく、肥満になっている可能性があります。子供のころから肥満だったり、運動しても体重が減らないというタイプの人にアガベシロップはおすすめです。

少なくとも3ヶ月は続けてみて!

少なくとも3ヶ月は続けてみて!

酒粕ダイエットは手軽で簡単なダイエットですが、すぐに効果がでないダイエット法です。少なくとも2ヶ月から3ヶ月くらいはじっくり取り組みましょう。

効果の早い人では1週間から3週間程度で体重減少が始まるようですが、大抵は2ヶ月目からどんどん体重が落ちた、肌の調子がよくなった、生理がラクになった、などと実感できる人の方が多いようです。

また、生理前のどか食いが減ったという人もいます。酒粕は体重を落とすミラクルフードではなく、体の調子を整えてくれる健康食品の一つとして付き合うのが正しいようです。体が健康的になれば、どんどん体が軽くなり、余計な脂肪はなくなり、太りにくくなります。

PR