プレミール習慣とは?プレミール習慣で太りにくい体質がつくれるの?
108views

プレミール習慣とは?プレミール習慣で太りにくい体質がつくれるの?

プレミール習慣とは、食事をする前に運動をしたり、あるものを食べたりする習慣のこと。プレミール習慣をつけるだけで、体質改善をすることができるのだとか。食べる前にちょっと気を付けるだけで、太りにくい体を作れるのは魅力的ですよね。そんなプレミール習慣について詳しくご紹介しましょう。

プレミール習慣で太りにくい体をつくろう!

プレミール習慣とは、食事の前にある食べ物を食べたり、運動をすることで、太りにくい体質をつくる習慣のこと。プレミール習慣をつけると、同じ食事を食べても太りにくくなります。プレミール習慣には、食事と運動の2つのタイプがあります。それらを詳しくご紹介しましょう。

プレミール習慣【食事編】

豆乳を食前に飲むことによって、脂肪の吸収を抑えることができます

毎日食事をする前に、ちょっと食べたり飲んだりすることで、太りにくい体をつくることができるプレミール習慣。食事編は、4つの食べ物や飲み物を紹介するので、できるものを試してみましょう。4つの種類があるので毎食変えることで、飽きずにできるのが良いですね。

【豆乳】
大豆イソフラボンが含まれている豆乳は美肌作りにも良いです。豆乳を食前に飲むことによって、脂肪の吸収を抑えることができます。豆乳に含まれている植物性のたんぱく質が、脂肪吸収スピードを抑えます。また、大豆には水溶性の食物繊維が含まれていて、胃腸内の消化、吸収スピードをゆっくりとしてくれる働きがあります。豆乳は食事をする30分前に飲むのがベストです。

【100パーセント野菜ジュース】
100パーセントのフレッシュ野菜ジュースは、血糖値の上昇を抑えてくれます。血糖値が上昇するとどうしてだめなのかというと、血糖値の上昇によってインシュリンが分泌されるからです。このインシュリンは、それぞれの細胞にエネルギー源の糖を送ってしまいます。糖はエネルギーとして消費されるのですが、血液中に残っている糖は脂肪細胞となってしまい、脂肪がついてしまうのです。
100パーセント野菜ジュースでおすすめなのは、トマトジュース!ドロドロしたタイプのトマトジュースは、食物繊維がたっぷりと含まれているので良いですよ。食物繊維には、糖の吸収を遅くする性質があります。
100パーセント野菜ジュースは、食事の30分前に飲んでも良いですし、食事中に飲んでも大丈夫です。

【グレープフルーツ】
食前にグレープフルーツを食べると、脂肪の蓄積を防いでくれます。グレープフルーツの香りは、食事の食べ過ぎを防いでくれるので、量を食べ過ぎてしまうという方におすすめです。

食前にグレープフルーツを食べると、脂肪の蓄積を防いでくれます

【オリーブオイル】
オリーブオイルは少量で大丈夫です。少しの量を食べるだけで、暴食防止になります。オリーブオイルにはオレイン酸が含まれており、中性脂肪がつくのを防ぐ効果が期待できます。

プレミール習慣【運動編】

食事前に軽いウォーキングをすることで、アドレナリンの分泌が活性化され空腹感が減ります

プレミール習慣の運動編は3つあります。自分にできるものから始めてみましょう。

【ウォーキング】
食事前に軽いウォーキングをすることで、アドレナリンの分泌が活性化されます。アドレナリンが出ると、肝臓に蓄えられている糖が血液中に放出されます。これによって、血糖値が上昇するため、空腹感を感じなくなるのです。ウォーキングの他にも、ヨガなどのストレッチ運動をしているときなどに分泌されるため、お天気が悪くて、ウォーキングができない日は、食事前にヨガをすると良いでしょう。

【乾布摩擦】
食事前に乾布摩擦をして体をあたためると、内臓もあたためられるため代謝を上げることができます。代謝をあげることで、食事エネルギーの消費量を高めることができます。

【入浴】
内臓に血液が集中していると、胃腸の動きが活発になるため食欲がすすんでしまいます。それを抑制するために、食事前にあたたかいお風呂に入りましょう。体を温めることによって、体の表面の血液が循環され、食欲を減らすことができます。

体を温めることによって、体の表面の血液が循環され、食欲を減らすことができます。

食事と運動の2つあるプレミール習慣を活用して、太りにくい体を作りましょう。

PR