海外セレブに人気のトレンドダイエット★離乳食ダイエットの方法
48views

海外セレブに人気のトレンドダイエット★離乳食ダイエットの方法

海外セレブに流行りのダイエットと言えば、赤ちゃんが食べる離乳食を使ったダイエットがあります。「えっ?大人が食べてもいいの?」と思うかもしれませんが、もちろん、誰でも食べることが出来ます。産後ママにもおすすめ、離乳食ダイエットの方法をご紹介します。

離乳食を使ったダイエット?!

海外セレブってさまざまなダイエットに挑戦していますよね。日本では聞いたこともないようなダイエットがたくさん考案されていて、仰天してしまうことも少なくありませんが、今度のトレンドもなかなかアバンギャルドなダイエットです。ナント!離乳食を使ったダイエットになります。
「えっ?離乳食って赤ちゃんが食べるものなんじゃないの?」って思いますよね。むろん、赤ちゃんが食べるために作られたものですが、大人でも食べることは出来ます。それどころか、栄養バランスを計算して作られているため、身体にいい食べ物になります。離乳食ダイエットの方法、気になりますよね?早速ご紹介していきましょう。

トレンドの離乳食ダイエットの方法

どうやるの?離乳食ダイエット

どうやるの?離乳食ダイエット

離乳食ダイエットの方法は、朝や昼に離乳食を最高14瓶分食べて、夕食は食べ過ぎない程度に普通に食べるというやり方になります。置き換えのダイエットに似ていますね。朝食と昼食、間食を離乳食にするだけなので、簡単です。
ただ、14瓶ってちょっとすごい数ですよね。1瓶あたり113グラム入っているため、かなりの量を摂取することになります。「いくら離乳食とはいえ、そんなに食べて太らないの?」って思うかもしれません。しかし、1瓶あたり70キロカロリーくらいしかないので、14瓶全部食べても1000キロカロリー未満です。
離乳食は消化器官が未熟な赤ちゃんのために作られているため、身体にやさしく、栄養にも優れています。しかも薄味で塩分が控えめなので、むくみやすい人にもおすすめです。

離乳食ダイエットの狙いやメリットは?

出典:Amazon「ザ・トレーシー・メソッド Japanオリジナル ベーシック 」

出典:Amazon「ザ・トレーシー・メソッド Japanオリジナル ベーシック 」

離乳食ダイエットを考えたのは、ダンスエクササイズで知られているトレーシー・アンダーソンさんです。海外セレブの支持率はとても高い人ですが、日本でもけっこう知られています。
離乳食ダイエットは、低カロリー食とポーションコントロールを狙ったもので、ペースト状にされたものを食べるため、身体が浄化されてリバウンドしにくいというメリットがあります。ポーションコントロールとは、1回あたりの食べる量をコントロールするという意味です。
例えば、いつも同じプレートを使って、プレートの半分には野菜を、もう半分には肉とご飯を盛り付けるというルールを作ったとします。毎食同じプレートに同じ量だけを乗せれば自分にとっての適量だけを食べることが出来るため、食べ過ぎやカロリー過多になりません。離乳食ダイエットは一日に食べる瓶数が決まっているので、夕食も毎回同じプレートを使えば、このポーションコントロールが可能になります。
また、赤ちゃんを育児中の人は、自分も一緒に離乳食を食べるため、別々に作ったり用意したりする手間が省けます。家事の負担が減るので、楽に続けることができますね!

どんなセレブが試したの?

離乳食ダイエットを実践した海外セレブと言えば、レディー・ガガやジェニファー・アニストン、マドンナがいます。他にもグウィネス・パルトローやリーズ・ウィザースプーンなどアカデミー賞女優もいて、これだけ大物が揃うとやはりこのダイエットは信憑性が高いのでは?と期待してしまうかもしれません。

デメリットはないの?

離乳食ダイエットのデメリットと言えば、食物繊維や脂質が不足しがちになるという点です。赤ちゃんが食べることを前提に作られているため、繊維質のものや胃に負担のかかるものは含まれていません。そのため、便秘がちになる恐れがあり、夕食時には、食物繊維が豊富に含まれているごぼうやきのこ、海藻類などを食べる必要があります。

PR