食事制限をしなくていいダイエット法、酒粕ダイエットとは
187views

食事制限をしなくていいダイエット法、酒粕ダイエットとは

ダイエットというと、食事制限を伴うものというイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、ここで紹介する酒粕ダイエットとは、食事制限のいらないダイエット法で、食事に加えて酒粕を摂るだけという簡単な方法です。ダイエットだけでなく、健康にも美容にも効果があるという酒粕ダイエットを試してみませんか?

そもそも酒粕ってなに?

お酒を製造する過程でできるもの

「もろみ」を絞り、取り出した液体が日本酒、残った白い絞りかすが酒粕酒粕とはどのようなものかご存知ですか?お酒は米、米麹、水を原料として製造されますが、その過程で、原料が発酵してやわらかくなった固形の「もろみ」と呼ばれるものを絞り、そこから取り出した透明な液体が酒になり、残った白いものが酒粕と言われるものです。酒粕にはいくつかの種類があり、絞ったままの平たい形状のものを切り揃えたものが板粕、板粕をわけて粒状にしたものがバラ粕、酒粕に水や焼酎を打って数ヶ月寝かせて熟成させたものが練り粕と呼ばれています。

酒粕には、栄養がタップリ含まれている

酒粕は、栄養成分が豊富に含まれていることで知られています。タンパク質の一種であるレジスタントプロテインは、食物繊維と同様に、体の中にある消化酵素では消化されない特徴があり、そのために小腸で余分な脂質やコレステロールを吸収して、そのまま排出されるため、余分な脂質を取り除いてくれます。ですから、レジスタントプロテインを摂取すると、体脂肪やコレステロールを減らす効果が期待できます。

また、酒粕に豊富に含まれている食物繊維には、血糖値の上昇を抑える働きがあり、また、食物繊維を多く摂取することで、糖質を摂取しても脂肪に変わりにくくなるため、太りにくくなるという特徴があります。さらに、食物繊維には腸内環境を整える働きがあるため、新陳代謝がアップしたり、美肌効果が得られたり、免疫力が上がるなどの効果も期待されています。これら以外の栄養成分として、酒粕には炭水化物、ビタミン類、有機酸、ミネラル、またペプチドやアミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカン、葉酸なども含まれています。

酒粕ダイエットとは、どんなダイエット方法?

1日50g酒粕を摂るだけ

今、注目を集めている酒粕ダイエットは、いつも通りの食事に加えて、1日50gの酒粕を摂るだけという簡単なダイエット方法です。摂り方に制限はありませんから、小腹がすいた時などに甘酒にして飲むのもいいですし、豆乳に溶かして飲むのもいいでしょう。ただし、甘酒にするときには、お砂糖の量に気を付けないと、逆効果になってしまいます。お砂糖を控えて生姜のしぼり汁と、クコの実を加えて飲むと、ダイエット効果だけでなく、冷え症の改善や美肌効果も期待できますから、おすすめです。お酒が苦手な人は、お味噌汁やスープに入れると、コクが加わり、また濃い味付けにしなくてもおいしくいただくことができます。また、なべ物、グラタンなどの料理に加えて摂ることもできます。酒粕は50gでも110kcalと低カロリーで栄養成分も豊富で体にもよいとされていますが、それだからと言って、摂り過ぎは逆効果になりますから気を付けましょう。甘酒にして飲んだり、豆乳に溶かして飲むのもおすすめ

効果はダイエットだけではない

酒粕を摂ることで得られる効果は、ダイエットの他にもいろいろあります。健康面で得られる効果も大きく、糖尿病、がん、脳梗塞、心筋梗塞や動脈硬化などの心疾患の予防、高血圧の改善などの他、美容面でも美白効果を得ることができます。また、ダイエットをしているときは、どうしても栄養面で不足することが心配されますが、栄養成分が豊富な酒粕を摂ることで、不足した栄養を補うこともできます。
美容面でも美白効果が

PR