食べるだけで脂肪燃焼?!冬の味覚みかんダイエットとは
112views

食べるだけで脂肪燃焼?!冬の味覚みかんダイエットとは

冬の果物と言えば、日本人なら真っ先に“みかん”と答える人が多いでしょう。そんな、みんなが大好きなみかんが、ダイエットになると話題です。どうしてみかんでダイエットができるのでしょうか?みかんダイエットとは何かについて詳しくお話します。

日本人なら、冬になるとこたつでみかん、というスタイルは当たり前ですよね。そんなみんなが好きな“みかん”が、ダイエットに向いているという事をご存知ですか?
しかも、激しい運動や食事制限などをしないでダイエットできます。ズボラさんは必見ですね。
では、冬にぴったりなみかんダイエットとは、どのようなものなのでしょうか?以下でご説明しましょう。“みかん”が、ダイエットに向いているという事をご存知ですか?

なぜみかんがダイエットになるの?

みかんダイエットの正体はクエン酸

クエン酸という成分をご存じですか?栄養ドリンクやサプリなどに含まれていて、1度くらいは聞いたことがあるかもしれません。ただ、主婦の方なら、もっと他のものでピンときたかもしれません。そうです。クエン酸は食器用洗剤に含まれています。主婦にとっては、そちらの方が馴染み深いかもしれません。

みかんダイエットの正体はクエン酸クエン酸は、このように疲労回復や美肌づくりに効果を発揮します。洗剤として使う時には、汚れがキレイに落ちたりします。つまり、一見すると、クエン酸はダイエットとは無縁のように思えます。
しかし、クエン酸の働きはこれらだけではありません。人がものを食べて体内に取り込んだ時、そこに含まれる糖質を分解して、燃焼させる働きも持っています。

糖質を燃やしてエネルギーに変えることは、ダイエットをする上で欠かせません。その為に、誰もがやりたくもない運動をしていますよね。みかんは、それをしないで痩せられるというところがポイントです。これは、ズボラさんじゃなくても嬉しい作用だと思います。

ペクチンもダイエットになる

みかんは、ペクチンという成分も含んでいます。これは、食物繊維の一種で、コレステロールを吸収する働きを持っています。太っている人の多くはコレステロール値が高めです。逆に痩せ型の人は、コレステロール値が低めです。ダイエットには少なからずコレステロールが関係していることが分かるでしょう。みかんを食べてコレステロールをコントロールすることで、やはりダイエットにつながるのです。

みかんダイエットのノウハウ

みかんダイエットのやり方

やり方は簡単です。ただ、みかんを食べるだけです。しかし、それなら、みかんが大好きな人は、一日中でも食べてしまうかもしれません。そうすると、糖分の摂り過ぎになるので、あまり効果は見込めません。みかんは一日に3個くらいにしておいてください。みかんダイエットのやり方

みかんを食べるベストタイミング

みかんダイエットでは、みかんは食前に食べましょう。これは、糖質などの燃焼を促進するためです。上記でみかん3個とご説明したのは、一日3食あるからです。3食とも食前に1個食べてください。みかんは水分も多く含んでいます。食前に食べることで、食事の食べ過ぎを防止できます。
小腹が減った時にもおすすめです。菓子パンやスイーツを食べるのであれば、ビタミン豊富で低カロリーなみかんを食べた方が太らないでしょう。

みかんダイエットのポイント

みかんを食べる時、内皮はむかないようにしましょう。ここに、ペクチンが含まれているからです。また、すぐに効果が出ないからといって、簡単にあきらめないようにしましょう。効果が出るまでは個人差もありますが、数か月はかかります。即効性は期待しない方が良いでしょう。

PR