リバウンドしにくい!今こそ低GI値ダイエット!!
106views

リバウンドしにくい!今こそ低GI値ダイエット!!

効果はあるけど、ちょっと食事の知識が必要ということもあって嫌煙されがちなダイエットだったかもしれません。でもこのダイエット、リバウンドはしにくいし、いくらカロリーが低いのに低GI値が高い食事だと低GI値が低い食事の方がカロリーが高くても痩せるんだとか。これやチェックしなきゃ!

ダイエット失敗を繰り返していませんか?食べる量をただただ減らしてのダイエット。確かに体重は減るけど食べる量を戻したら・・・リバウンド。気合いを入れてダイエット食品を買って初めてみたけど、味に飽きて挫折・・・。そんな人にオススメするのが「低GIダイエット」です。知ってる方も多いかもしれませんが、とっても合理的なダイエットなんです!ぜひ今こそ頑張ってみましょう!

低GI値ダイエットとはどんなダイエット?

低GI値って何?

低GI値って何?GI値(グリセミック・インデックス)、これは食べたときに血糖値が上がるのですが、食べ物を食べたときにその食べ物が上げる血糖値の速度を相対的に示したものなんだそうです。一般的にGI値が高いほど血糖値食べ物が血糖値を上げる速度を相対的に表したもの。GI値が高い食べ物ほど血糖値を上げるスピードが速く、GI値が低いほど血糖値を上げるスピードは緩やかになるそうです。血糖値をゆっくり上げることでインシュリンが分泌される量も抑えられるので、食べたものをエネルギーへと変換されやすくなるそうです。これにより、腹持ちもよくなることから余計なものを食べなくていいのでダイエットにはもってこいというわけです。

上記の説明したように血糖値を上げにくくすることがいいというのはわかったと思いますが、その後はどういった働きをしているのでしょうか?インシュリンは脂肪と合成することで体内にため込んでしまいます。これはインシュリンというのは血の中にある糖をエネルギーとなって消費してくれるのを助けてくれる働きと、残ってしまった糖を脂肪細胞へと運んでしまうことをしてしまうのです。運ばれてしまうと残念ながら脂肪になっちゃうわけですね。

低GIダイエットの方法とは?

まずは主食です。ダイエットとなると「ごはんを食べない。」といった場合が多いと思います。確かにそれは体重の減少にはつながりますが、残念ながら脂肪が減っているのではなく筋肉量が減ってしまっていることが多いそうなのです。そうすると自分自身がもっている基礎代謝も減ってしまいダイエットとしては逆効果となってしまいます。そこでオススメしたいのが”玄米”です。玄米はGI値も55と白米の81に比べてとても低くなっており、噛みごたえがあるので自然と咀嚼回数を増やすことができるので満腹感も得やすくなることからとてもダイエットには適している食材になります。

五穀米(GI値55)などもオススメ玄米だけでは飽きてしまいがちなので、五穀米(GI値55)などもオススメ。同じ玄米でも発芽玄米なら栄養価も高く、玄米に比べて柔らかいので食べやすく、いきなり白米から玄米に切り替える人にとっては取り入れやすいものではないでしょうか?

他にも麺類ならうどんより日本そばがオススメ!うどんがGI値85に対し日本そばはGI値が55なんですよ!そして、パンでしたら”全粒粉”のパンがオススメ。GI値が50と低く、普通の食パンでGI値が91なのでその違いは歴然ですよね!

主菜や副菜を選ぶときのポイントとしてはGI値というのはデンプンが多く含まれるものが多いので、イモ類は避けることがポイント!お肉類は食べてもOKですし、きのこ類や葉物類、根菜類でしたら大根はOK!選ぶときには根菜類に注意するといいかもしれませんね。

その他注意することとは?

三食きちんと時間を決めて食べるようにしてください三食きちんと時間を決めて食べるようにしてください。食事と食事の時間をあけてしまうと吸収率が上がってしまいます。他にも柔らかいものより硬いものを選び咀嚼回数を減らす、お肉類を食べるときは食物繊維を多く含む海藻類などと一緒に食べるといいそうですよ!

ぜひぜひチャレンジして、無理なくスリムボディを手に入れてくださいね!!

PR