実は朝じゃない?!痩せやすい食事の時間帯は昼だった!
253views

実は朝じゃない?!痩せやすい食事の時間帯は昼だった!

痩せやすい食事の時間帯は朝よりも昼です。朝は排泄の時間のため、この時間は体が排泄に集中できるように固形物や消化しにくいものを避けたほうが良い時間帯です。そして、十分に排泄が終わったお昼の時間こそたくさん食べても痩せやすい時間帯です。消化力の高い時間帯なので良い栄養バランスを心がけましょう。

痩せやすい食事の時間帯でダイエット

同じ食事でも食べる時間帯によって痩せやすい、太りやすいということがあります。例えば、夜寝る前に食べる食事は太りやすい時間帯として有名です。この理由として体が消化している最中に眠ることでエネルギーが体脂肪に変わりやすくなったり、ホルモン分泌の影響でうまく代謝、排泄されないことがあげられます。
そのためダイエットといえば、食べる量や質が大事であると言われてきましたが、食べる時間帯によってはどんなに適正量で良いものを食べても太ってしまう可能性が出てきました。

朝はたくさん食べて良いはウソ?

朝はたくさん食べて良いはウソ?昔から、「朝は王様、昼は妃、夜は乞食のように食え」という食事に関する格言があります。
しかし、最近では朝にもっとも多く食べることは痩せることにはつながらないことがわかってきました。

なぜなら、朝は排泄の時間帯だからです。朝は体がもっとも排泄力が高まり、体内にある不要なものを体の外に押し出そうとします。朝に食事を食べることで体は排泄よりも入ってきた食べ物の消化に追われるようになります。
その結果、本来は排泄されるべきものが老廃物として体に溜ってしまうのです。そのため、朝は何も食べないか、消化に良い果物やスムーズーなどを軽いものを口にする程度に留めた方が良いでしょう。

もっとも食べていいのは昼だった!

もっとも食べていいのは昼だった!
それでは、もっとも痩せやすい時間帯はいつなのでしょうか?
実はそれは昼間の時間帯です。午前中に体の不要なものをしっかりと排泄できた体は午後になって体が温まると消化力が徐々に高まってきます。このタイミングで食事をすることは消化力が強い時間帯のために食べても太りにくく、また適正に食べることで痩せやすくなります。このとき、大切なことは栄養バランスの良い食事をすることです。

夜や朝にビタミンやミネラルの豊富なメニューを摂取する人も多いようですが、確かに昼に摂取しずらい栄養素を他でカバーすることも大切です。昼間にもっとも多くの栄養を摂取することがダイエットには欠かせません。
しかし、世の中のランチメニューは炭水化物と脂質ばかりが多く、ビタミンやミネラルが不足しがちです。これではせっかくの痩せやすい時間帯の食事でもうまく活用することができません。

ランチ前のフルーツで痩せやすさ倍増!

ランチ前のフルーツで痩せやすさ倍増!
家でも外出先でもちょっとした工夫でこのような栄養の偏りを改善することができます。その方法はフルーツを先に食べることです。季節のフルーツをランチの前に食べることで必要なビタミンやミネラルの吸収がよくなり、さらに食事の前に食物繊維の豊富なフルーツを摂取することで血糖値の上昇やゆるやかになります。このため、食前のフルーツはその栄養を十分に活用できるだけでなく、体型維持にも効果的なのです。

ただし、フルーツを食後にとってしまうと、この効果は半減します。なぜなら、すでにお腹いっぱいの状態でフルーツを食べても栄養が十分に吸収されず、また、食後に増える血糖値は果物の糖分の量がそのまま血糖値を上昇させてしまうからです。
そのため、フルーツは食後ではなく、必ず食前に食べるようします。外出先でもフルーツだけは持参してランチの前に食べることでその恩恵にあずかることができます。このとき、フルーツは食物繊維の多い、りんごやなし、ぶどうなどが良いですが、手軽なバナナでも効果は期待できます。

PR