今年はコロコロにならないぞ!正月太り解消予防法とは!?
128views

今年はコロコロにならないぞ!正月太り解消予防法とは!?

毎年、お正月休み明けは、コロコロ状態になってしまう方!今年のお正月は、そんな事態にならないようにあらかじめ、正月太り解消予防を行いましょう。予防をするには、初詣デートなどとにかく出かける予定を作ること、家にいる時間を減らすことです。またあれもこれも食べてしまわないように、セーブしていきましょう。

正月太り解消方法とは

お正月はごちそうの誘惑が多い時

お正月はごちそうの誘惑が多い時お正月太りになってしまう原因として、やはりお正月は家でゴロゴロとして動かない生活をしてしまう点と、ごちそうの誘惑が多い点ではないでしょうか。普段は会社勤めをされている方も、年末年始にかけて連続した休みがあるため、身体をほとんど動かさず、食べるだけ食べてしまうという生活を続けていると、年が明け、いざ出勤!という時期には、すでにコロコロの体型になっていたという悲しい事態になってしまいます。今年のお正月は、あらかじめ正月太り解消法を予防策として行いましょう。

お正月は外にどんどん出かけましょう

お正月は外にどんどん出かけましょう毎年、お正月は家でゆっくりと過ごすという方は、デブになる可能性が高くなります。家にいるとどうしても、いろいろなご馳走を食べてしまったり、手持ちぶたさもあり、ついつい何か口に入れてしまうことも多いはずです。そこで、今年のお正月はデブにならないためにも、外へどんどん出かけましょう。彼がいる方は初詣デートを楽しんでもいいし、いない方は女子グループで初詣をするのもよいでしょう。外へ出かけるだけでもかなりカロリーを消費することができます。また12月の終わりから1月の気温は寒いため、外にいるだけでも身体の脂肪を燃焼させてくれるのです。元旦は初詣、2日からは、デパートの福袋めぐりなどに出かけましょう。また遊園地もお正月明けからオープンしているので、連休中は出かける用事をどんどん作っていくとよいでしょう。

食事は取り皿で自分の分を小盛に取る!

カロリーを気にして、よくかみましょう

小皿に少量のみ盛りつけていただきましょう正月太り解消の食べ方は、たくさん食べ過ぎないことが基本です。実際に自分の目の前に色々なごちそうが並ぶと、あれもこれも食べたくなってしまいますが、誘惑に負けてしまうと、おデブの道にまっしぐらということにもなりかねません。誘惑に負けないように、小皿に少量のみ盛りつけていただきましょう。よくかんでいただくようにすると、満足感を得ることができます。

ごちそうは小さく切る!

ごちそうは小さく切る!どうしても食べたいものがある場合は、小さくカットしていただくという方法もあります。ケーキや羊羹など、自分がどうしても食べたいものがあるけれど、カロリーが気になるという場合は、小さくカットして一口分だけいただけばよいのです。残った分はラップにくるみ冷凍保存しておけば日数を分けて、後から楽しむこともできますよ。

お正月期間中は自宅でお風呂を楽しむ

冷えはダイエットの大敵でもあります。身体が冷えている状態だと脂肪を燃焼させる力が弱くなるため、お正月期間中、家にいるときは、昼間からお風呂を楽しんでみませんか?お風呂の板を首までしめて、半身浴をすれば、ポカポカと身体の芯まで身体を温めることができます。身体を温めると基礎代謝もあがるため、脂肪を燃焼させやすい身体になれるので、痩せ効果があります。

ショウガの力を借りる方法も!

お正月太りを解消するためには、身体をあたためてくれる食材でもあるショウガを料理や飲み物にどんどん入れましょう。ショウガ入りのスープを作ったり、紅茶の中にすりおろしたショウガを入れるなどして、頻繁にショウガを食べると、身体が自然に温まるため、血行が改善され、むくみ太りにも効果があります。

PR