生大根ダイエットの効果と正しい実践方法について
207views

生大根ダイエットの効果と正しい実践方法について

生大根ダイエットの効果は、大根の持つアミラーゼやイソチアノートによって発揮されます。貴重な栄養が破壊されないよう、加熱せずに、生のままで食べるようにしてください。1日300g以上の生大根を摂取すれば、痩せやすい体に変わっていきます。

生大根ダイエットの効果とは?

生大根ダイエットの効果とは?生大根ダイエットの効果が出やすいのは、大根に含まれる消化酵素のアミラーゼ、辛味成分のイソチアネートのほか、ビタミンA、ビタミンCの働きによるものです。大根には、炭水化物の消化を助けるほか、活性酸素を除去し、痩せやすく元気になる成分が豊富に含まれています。生大根ダイエットを実践すれば、痩せるだけでなく、肌のコンディション、体質の改善につながるでしょう。ここでは、生大根ダイエットのメカニズムと正しい実践方法について説明します。

生大根ダイエットって何?

「必ず生で」食べるようにしましょう生大根ダイエットでは、1日あたり300gの大根を食べます。この際、加熱するのではなく「必ず生で」食べるようにしましょう。生で食べることで、大根の栄養をそのまま摂取することができます。300gは、小さめの大根、5cm程度の大きさです。3食のうち、好きなタイミングで生大根を食べれば、効率良く、ダイエットに必要な大根が補えます。

生大根ダイエットが体に良い理由

大根には、ビタミンAやビタミンCだけでなく、炭水化物の消化をサポートするアミラーゼが豊富に含まれています。また、アンチエイジングにも良いイソチアノートが含まれており、代謝のアップ、新陳代謝を促進します。生大根を食べると肌がきれいになるのは、新陳代謝が高まることで、ターンオーバー(肌の再生能力)がアップするからです。

生大根ダイエットのメリット

生の大根に含まれる、イソチアノートが体内の活性酸素を除去します。活性酸素が少なくなれば、肌の老化を抑え、アンチエイジングにも良い効果が得られます。また、活性酸素が無くなれば、新陳代謝がアップし、痩せやすい体へと体質が変わっていきます。成人病の予防にも、生大根ダイエットを取り入れてみましょう。

生大根ダイエットのデメリット

生大根ダイエットのデメリットは「生なので食べにくい」といった点です。大根おろしは飽きやすく、ジュースにすると酸味が出るなど、調理しにくいのがネックです。また、時期によっては大根の値段が高くなるので、注意が必要です。

生大根ダイエットのやり方

サラダにすると、満腹感も得られるのでおすすめ生大根ダイエットは、1日300g以上、生の大根を食べてください。生で食べることで、大根のもつ栄養分を生かし、痩身や脂肪燃焼の効果が発揮されます。大根おろしにして、料理にかけると食べやすいでしょう。また、千切りにしてサラダにすると、満腹感も得られるのでおすすめです。

生大根ダイエットの注意点

生大根ダイエットは、加熱しないようにしてください。また、すりおろした大根は、水分まで全部飲むようにしましょう。水分が苦手な場合は、さっと水切りをして食べてください。

生大根ダイエット、どれくらい続けるの?

生大根ダイエットは、体に負担のないダイエット方法です。これまでの食事に、大根を添えるだけで良いので、いつまで続けても、健康面で悪い影響はありません。活性酸素の除去や代謝のアップなど、生大根の効果は、私たちの健康をサポートしてくれます。ダイエットを続ければ続けるほど、元気な毎日が過ごせるでしょう。

大根の選び方

できれば、葉っぱの付いた大根を選んでください大根が傷まないよう、新鮮な大根を選ぶようにしましょう。できれば、葉っぱの付いた大根を選んでください。また、切った大根は傷まないうちに、早めに食べ切るようにしてください。ラップをしておけば、2〜3日は新鮮な状態で食べられます。

PR