ラクトフェリンダイエットの効果を上げるための5つの方法
33views

ラクトフェリンダイエットの効果を上げるための5つの方法

ラクトフェリンダイエットの効果をしばらく続けてもあまり感じられないという人がいます。このような人はラクトフェリンを服用するタイミング、食事に発酵食品が少ない、腸の動きが低下しているなどの要因が考えられます。そのような人のためにラクトフェリンダイエットの効果をより高めるための5つの方法を紹介します。

ラクトフェリンダイエットの効果

ラクトフェリンダイエットは腸内環境を整えるダイエット法ラクトフェリンダイエットは腸内環境を整えるダイエット法で、日頃から便秘ぎみだったり、排便時間がバラバラであるという人に効果的です。なぜラクトフェリンがダイエットに有効なのかと言えば、ラクトフェリンは腸内のビフィズス菌を増やす作用があるからです。また、ラクトフェリンは脂肪を代謝させる働きもあるため、体についた余分な脂肪を減らすと言われています。

より効果を出す方法!

ラクトフェリンダイエットを一週間以上試しても、なかなか思うような効果でないという人により効果的なラクトフェリンダイエットの方法を紹介します。

【1】白湯で飲む

冷たい水よりもぬるま湯で飲むラクトフェリンを飲む時、冷たい水よりもぬるま湯で飲むことで胃腸の働きがよくなり、ラクトフェリンがすばやく腸まで届くのを助けてくれます。しかし、あまりに高温で飲むと火傷のおそればあるので、ちょっと温かいと感じるくらいの38度から40度くらいの温度で飲みましょう。

【2】寝る前に飲む

ラクトフェリンがお腹の中で十分に活用されるためには寝る前に飲むことをおすすめします。寝ている間は体がおやすみしている時間ですが、体内ではいろいろな細胞が修復や誕生を繰り返しています。そのときに、ラクトフェリンを飲んでおくと、腸内環境をととのえるビフィズス菌を効果的に数を増やすことができます。この方法は排便時間が日頃からバラバラで、決まった時間に排便する習慣がなかなか身に付かない人におすすめの方法です。毎晩ラクトフェリンを飲むことで排便のリズムができると代謝機能がさらに高まり、少しくらい食べ過ぎても太らない体になります。

【3】朝晩飲む

寝る前だけラクトフェリンを飲んでも排便リズムが整わない場合やひどい便秘の場合には朝と夜にラクトフェリンを飲むことをオススメします。ラクトフェリンを摂取する回数を増やすことで定期的にビフィズス菌にエサを与えることができるのでビフィズス菌が定着しやすく、また活発な活動が期待できます。ただし、朝晩飲むときには一日の摂取量を守るように錠剤の個数を考えることが大切です。なぜなら一度にたくさん摂取するよりも長く摂取するほうがラクトフェリンダイエットには効果があるからです。

【4】発酵食品をたべる

発酵食品を多く食べることも有効どんなにラクトフェリンを摂取しても腸内にビフィズス菌がもともと少ないのであれば、あまり意味はありません。そのため、ラクトフェリンダイエットでは定期的にラクトフェリンを摂取することと同時に発酵食品を多く食べることも有効です。発酵食品として味噌、醤油、お酢、みりん、納豆など和食他、チーズ、ワイン、ヨーグルトがおすすめです。また、乳酸菌の多い食べ物として生ハチミツも有効です。毎日の食事に少なくとも1種類、できれば3種類以上の発酵食品を食べるようにしましょう。

【5】腸マッサージをする

ラクトフェリンダイエットをしてもなかなかお通じが改善しないとダイエット効果も低くなります。そのため、お通じを改善する方法として腸マッサージが必要かも知れません。便秘が慢性化している人は腸が硬くなったり、むくんでいたりと腸の動きそのものが低下している可能性があります。そのような状態の腸を食べ物だけで改善することはかなり難しく、時間がかかります。そのため、より直接的に腸に働きかけるためにマッサージしましょう。腸のマッサージはいたって簡単です。仰向けに寝て腸を揉むようにマッサージします。最初は硬い部分が多く痛みを感じることもあるので、無理せずに痛いところは撫でるように刺激しましょう。徐々に強く押しても揉んでも痛くなくなります。そうなると、腸のマッサージが成功した証拠です。一度のマッサージで改善しない痛みも何日も続けることで改善していきます。気長に挑戦しましょう。

PR