ホットヨーグルトで便秘解消!より効果的な摂取方法について
106views

ホットヨーグルトで便秘解消!より効果的な摂取方法について

ホットヨーグルトで便秘解消する場合、あらかじめ温めて食べることにより、腸を冷やさず、乳酸菌の活動を活発にするといったメリットがあり、レンジで温める簡単な方法でできます。バナナをプラスすると、より便秘解消の効果が期待できます。また夜食べると便秘解消に、朝食べるとダイエットの効果が期待できます。

ホットヨーグルトで便秘解消!その秘密とは

ホットヨーグルトはなぜ便秘に効果的なのか

以前からヨーグルトは便秘解消によいと言われてきました以前からヨーグルトは便秘解消によいと言われてきました。それは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内で善玉菌を増やし、便を腸内にためこむことを防ぎ、円滑に排出する働きを担っているからです。腸内環境を整えることは、免疫力向上や肌荒れの改善などの美容に至るまで、さまざまな効果へつながります。

ヨーグルトを温めることによって、ヨーグルトを食べた際におなかが冷えるのを防げます。便秘を解消したい、おなかの調子をよくしたい、と考えてのヨーグルト摂取であるケースもありますし、もともと習慣でというケースもあるでしょう。いずれにしても、おなかを冷やすことなく、体によりよく作用するという点において、ホットヨーグルトは有効です。

温めて食べるとさらに効果的!

また、ホットヨーグルトにすることにより、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が活動しやすくなります。乳酸菌は体に入り、腸内で活躍しますがその活動が活発になることにより、効果も期待できます。ただ、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は高温には弱いため、温める際には温度の調整が必要です。

自宅で出来るホットヨーグルト健康法

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトを作る時には、プレーンヨーグルトがよいでしょう。プレーンヨーグルトとは、原料乳に乳酸菌を加え、容器に入れて発酵させたヨーグルトのことをいいます。果物などが入っていないヨーグルトで、そのまま食べる以外に、お料理に加えやすいのも特徴といえます。
ヨーグルトをレンジで温めますヨーグルトをレンジ対応の器に移し、レンジで温めます。レンジにもよりますが、30秒から1分が温めの目安です。温めすぎに注意し、温める時間の目安が掴めるまでは、様子を見ながら行うとよいでしょう。

組み合わせ方法も知ろう!

ホットヨーグルトはそれだけでもいいですし、人気の高い組み合わせは、はちみつやトマト、ココアなどが挙げられます。他にも生姜や大根おろしなど、体への効果のことをより考えての組み合わせもあります。ホットヨーグルトは無理なく続けられることも大切ですので、苦手な素材や体質的に合わない素材などを無理して選ばず、適している素材の中から合ったものを取り入れるとよいでしょう。

ホットヨーグルトの効果的な摂取方法

バナナと一緒に摂取!

バナナをプラスするとより効果的ですホットヨーグルトで便秘を解消したい場合は、バナナをプラスするとより効果的です。バナナは便秘解消の他、むくみ防止や精神安定などの効果が期待できます。ホットヨーグルトとバナナを一緒に摂るのもよいですし、ホットヨーグルトにバナナを加えて作るのもよいでしょう。バナナを加えて作るのであれば、食べやすく切ってヨーグルトに加えてレンジで一緒に温めればできあがりです。

ホットヨーグルトを食べる時間帯は、夜が向いています。それは睡眠中にヨーグルトに含まれるカルシウムが脂肪と結びついて、脂肪を体外へと排出する作用があるからです。ホットヨーグルトを食べた後に、腸の簡単なストレッチを取り入れるのも便秘解消の効果が期待できます。

ダイエット効果にも!

ホットヨーグルトを続けることにより、便秘解消の他にダイエット効果や美肌効果が期待できます。便秘解消の目的の場合は、ホットヨーグルトは夜食べるのがよいですが、ダイエットに比重を置く場合は朝食べる方がよいとされています。

PR