まだ間に合う!美味しく楽しくダイエット♪フルーツダイエット
14views

まだ間に合う!美味しく楽しくダイエット♪フルーツダイエット

フルーツダイエット日本のフルーツは質、味とも世界イチといわれています。そんな果物を美味しく食べて行うダイエットなので、楽しいくらいスルスルと体重が落ちてくれるのです。そのやり方と方法、どんなフルーツを食べるのかその食べ方などの秘密の情報を公開します。

その利点は?

フルーツダイエットはとてもうれしいダイエット!

女子なら嫌いな人がいないフルーツそんな美味しいフルーツを使ったダイエットなら辛いわけがありません。フルーツダイエットはビタミン、食物繊維も摂取できてとてもうれしいダイエットです。

ダイエットには朝、体に溜まった不要物や毒素を排出する酵素を摂取するのがよいというのは常識です。フルーツダイエットではその酵素が沢山摂取できます。

失敗したことがありる人も多いハズ

 

バナナダイエット、キウィダイエット、リンゴダイエット、グレープフルーツダイエット。ダイエッターでなくても、女子であれば一度はやったことあると思います。成功した人もいると思いますが、肌とか爪とか、髪とか女子力をUPする要素はどうでしたか? 単品ダイエットは今はダイエッターの間ではNGとされています。

そのやり方は?

初心者がよいとされるのは・・・

スムージーを飲む時はゆっくりとかみ締めるように

朝食をフルーツに置き換える方法です。とはいえ、いきなり朝からフルーツを山盛り食べるのではなく、まずは眠っていた内臓を起こすために飲み物の形にするのがオススメです。スムージーなどは色々な野菜や酵素が摂取できるのでまさにうってつけです。まず、朝一番に起きてスムージーを口にするのではなく、温かい白湯やお茶でやさしく胃腸を起こしてあげましょう。その後スムージーなどジュースを摂取します。

スムージーを飲む時は急いでゴクゴク飲むのではなく、ゆっくりとかみ締めるように飲みましょう。お昼までにお腹がすいてどうしようも無いときなどはリンゴなどを食べてもOKですがレタスやブロッコリーを茹でたものにすることでよりダイエット効果が出てきます。

飲むスムージーの量はだいたい朝食で摂取するとして、800ccから1000ccぐらいがよいとされます。一度にそんなに飲めないと思いますが、ボトル入れてちょこちょこ摂取するのが体にもオススメです。

食べたい派の人には

朝食をフルーツに置き換える方法です。その際のフルーツに特に制限はありません。リンゴとバナナとオレンジと組み合わせてもOKです。但し、フルーツは皮ごと食べて栄養素を丸ごと摂取したいものです。特にリンゴなどは皮と身の間に重要な栄養素が多く含まれています。可能な限りオーガニックで国内産の皮ごと食べられるフルーツをチョイスしましょう。

注意点!ココだけは気をつけて!!

フルーツはデザートではありません

フルーツをデザート、おやつとして摂取するのはNG

フルーツダイエットを行っていて陥りがちなミスとしてはフルーツをデザートとして摂取、おやつとして摂取することです。ご飯を食べた後にフルーツを食べるのであれば、デザートになってしまうのでフルーツダイエットにはなりません。フルーツダイエットでのフルーツは食事なのです。なので、ダイエット中のデザートは厳禁です。

スムージー用のミキサーを使いましょう

普通のミキサーでも十分にスムージーを作ることができるのですが、ミキサーを回す摩擦熱でフルーツ内に存在する酵素が壊れてしまいます。これではせっかくのフルーツダイエットの効果が半減してしまいます。ミキサーにフルーツと一緒に氷を入れて温度を下げるという技もありますが、氷の量などで水っぽくなってしまったりとなかなか難しいのが現状です。なので、酵素を壊さない温度でフルーツをジュースにするよう設計されたスムージー用ミキサーを購入しましょう。

PR