下腹の肉を落とすダイエットってある?体重は落ちてもお腹が引き締まらないのはなぜ?!
1,259views

下腹の肉を落とすダイエットってある?体重は落ちてもお腹が引き締まらないのはなぜ?!

ぱっと見は太っていないのに、下腹のお肉だけはついていて悩んでる人って結構いますよね。「脱いだらすごいんです」というタイプ。これからの水着の季節は、ビキニを着なくたってお腹のお肉は気になります。下腹の肉を落とすダイエットを調べてみました。

体重が落ちてもお腹を引き締まらないのはなぜ?

下腹ダイエットお腹を引き締める

細そうに見える人でも、実はお腹のお肉だけは残っていて、困っていませんか?体重を落とすだけでは下腹のお肉は落ちません。下腹の肉を落とすダイエットを見つけましょう!

ダイエットには、まず規則正しい食生活!

下原ダイエットでお腹を引き締める規則正しい食生活

お腹にせよ、足にせよ、「運動しているのにやせない」、といっている方に典型的なのが、食生活の乱れ。ダイエットを志すならまず食生活を見直しましょう。
朝と昼食をしっかりと摂り、消費カロリーの多い昼間にしっかり動き、夜は控えめにする、寝る2時間前には食事を終わらせておく、というのは基本的なこと。「朝って、食べれないんだよね。コーヒーだけ」、と諦めているあなた!夜遅くに食べていませんか?運動したあとにしっかりと必要以上に食べてませんか?体を変えたいならまずは自分自身が変わらないとダメですよ。やっぱり基本を押さえている人は綺麗です。

脂肪の減る順序って知ってますか?

下原ダイエットでお腹を引き締めるマッサージ運動

ここのお肉を減らしたい!と思っても食事のコントロールや全身運動では、狙った部分の脂肪は落ちません。脂肪には落ちる順序があり、食事をコントロールできると、摂取カロリーが抑えられ、内臓脂肪、そして皮下脂肪の順に落ちてきます。
また、全身運動によって筋肉が増えて代謝が上がると、脂肪が燃えやすい体になり、さらに脂肪が落ち始めますが、この時、自分が望んだ部分の脂肪が落ちるとは限りません。脂肪は落ちやすいところから勝手に落ちていきます。狙った脂肪を落とすなら、その部分に対しての運動と外からの働きかけ、つまりマッサージなどが有効です。

下腹の脂肪に働きかけるゆっくり運動

ゆっくりとした動きは下腹の内臓脂肪にしっかりと働きかけます。ねじる動きは下腹の肉を落とすダイエットの方法として効果的です。一般的な腹筋をするつもりで、床にあおむけに寝て膝を立ててそろえます。腕は頭の後ろに組み息を吸いながら、頭を軽く持ち上げます。
次に息を吐きながら、足をそろえたまま右に倒します。息を吸いながら元の位置に戻し、また息を吐きながら左に倒します。息を吸いながら元の位置に戻します。お腹の筋肉を意識しながら左右5回ずつ行います。最後に頭を床にゆっくり下ろします。ポイントは呼吸をしながらゆっくり行う事です。

もう少し負荷をアップ!

さらに下腹の肉をもう少し意識した運動をプラスしましょう。同じ様に足を立てて、あおむけに寝て、頭は床に付けておきます。手も床に置き、足を立てたまま、宙に浮かせて5秒キープします。次に息を吐きながら太ももを胸の方向に引き寄せてまた5秒キープ。息を吸いながら最初の位置に戻ります。ただし足はまだ宙に浮いたままで、この運動を3回ほど繰り返しましょう。慣れて来たら回数を増やすといいですね。こちらも息は止めずにゆっくり行いましょう。勢いで動くとお腹の筋肉を使いません。

リンパマッサージで!

ここのお肉を取りたい、という時はマッサージが効果的。お腹の皮下脂肪がセルライトになってしまう前にリンパマッサージで撃退しましょう!

下原ダイエットでお腹を引き締めるリンパマッサージ

お風呂に入った後など体が温まった状態で、下腹のお肉を両手でつまみます。つかんだお肉を上下にもみほぐすように動かします。徐々に左右横に手を移動させ、5往復します。お腹に手を当て、自分から見て左周りにお肉を流すように10回ほど丸くさすります。両手をおへその横に置き、それぞれお肉を左右の足の付け根に5回流します。

姿勢を良くしましょう。

上記のような運動やマッサージを長い期間かけて行うのが効果的ですが、毎日の生活の中で、お腹に力を入れて背筋を伸ばし姿勢をよくする事だけでも下腹の肉を落とすダイエットになります。常に腹筋を意識していると、背筋もついて、正しい姿勢が楽にとれるようにもなり、スタイルもよく見えますよ。

PR