冬の定番のオシャレ!ブーツで足が太くなるってほんと?
113views

冬の定番のオシャレ!ブーツで足が太くなるってほんと?

季節はもう冬。まだ、世間は暖かくて実感はわきませんが、確実に季節は移り変わっています。そんな冬は、オシャレが楽しい季節でもありますね。ブーツもそのそんなアイテムの一つです。でも、冬のオシャレに欠かせないブーツで足が太くなるというありがたくない話があります。女子にとってこれは由々しき問題ですよ!

ブーツで足が太くなる?

この今シーズンのために、そろそろ新しいブーツを購入する方も多いのでは?

でも、ブーツを履くと外出中はいいけど、帰宅して脱ぐと脚がむくんで大変―なんて経験ありませんか?

オシャレと冷えの予防のために、よかれと思ってはいているブーツが逆に冷えの原因になっているとなるってホント?

ブーツで足が太くなる?

どうして”ブーツ”が足の巨大化の原因になるの?

冬のオシャレの代表格といえばブーツですが、ブーツを脱いだ時足がパンパンで履けなくなったって経験ありませんか?

で、その後もう一度は履こうと思っても、入らなくて苦労したり。一時的なむくみならいいですが、このむくみが慢性化してしまうと、「サリーちゃんの脚」(古い?)状態になってしまいかねません。

このむくみの諸悪の根源はズバリブーツのそのの形状にあります。

ブーツの形を想像してみてください。オシャレなブーツは、大概、脚をキレイに見せるために足先が尖っていて、ヒールがあって、そして、足首をガッチリとギブスみたいに固められてられていますよね。

しかし、これが足先まで血液がいきにくくし、脚を冷やす原因となり、ひいては「むくみ」の原因となるのです。これでは、本末転倒ですよね?

足首の硬さがむくみの一因・・・「底背屈運動」とは?

では、どうしたらいいのでしょう?

足首の硬さを解消するには「底背屈運動」がいいと言われています。「底背屈運動」とは、足首の曲げ伸ばしのことです。ブーツを履いていると、どうしてもこの曲げ伸ばしができない状態が長きますが、そうなると結果、足首が硬くなり結果、脚が太くなる原因になるのです。

同じく、かかとの高いミュールなども同じことが言えます。足首の曲げ伸ばしを心がけるようにすれば、多少マシになるかもしれません。

足首の硬さを解消するには「底背屈運動」がいいといわれています

「底背屈運動」の方法とコツ

1.かかとを地面につけたまま、つま先をあげる。

2.次に、つま先を地面につけてかかとを上げる。

上記のような軽い運動をしっかりとするだけでも、ふくらはぎの筋肉を使うので血流がよくなり、むくみも改善しひいては、足やせにつながるはずです!地道な努力ですが、がんばりましょう!

ブーツをはいても足が太くならない方法

ブーツをはいても足が太くならない方法

女性の脚はもともと、ふくらはぎの筋力が弱いうえに足先から心臓に向かうポンプも弱いときてるのでいろんな物が停滞しがち。むくみもそのひとつです。それらを放っておくと代謝も悪くなって「脚太」の原因になります。

ブーツをはいて足が太くなる原因は、高いヒールも一つですが、立ち仕事で1日たちっぱなしの立ち仕事や冷え性、普段素足でいることが多かったり、水分の摂りすぎや逆に摂らな過ぎたり、冷たいものが好きだったり・・・やはり身体の冷えも大きな理由の一つでしょう。

ブーツを脱いだあとのケアも大切です

ブーツを履いたときは歩き方も大切です。

歩き始めは必ずかかとから落とします。そして、足の指先で蹴るようにして歩きましょう。ブーツを履いた日は足のアフターケアも大切です。足首をしっかりまわしたり足首からふくらはぎへのマッサージを忘れずに。その時にはオイルを塗ってすべりを良くしてケアしましょう。日々のケアが大切です!

今年は、冬のオシャレの定番【ブーツ】でいつもの年よりすっきりはきこなして、皆と差をつけちゃいましょう!

PR