お尻にお肉が付く原因は? どうすればお尻が痩せられるの? きれいな小尻になるための方法とは?
276views

お尻にお肉が付く原因は? どうすればお尻が痩せられるの? きれいな小尻になるための方法とは?

なんだか最近パンツを履くのが大変になってきた、お尻まわりのお肉が気になる、という方いらっしゃいませんか?きれいな小尻を目指したい方へ、お尻にお肉が付く原因は何かを知り、お尻のお肉を落とす方法をご紹介しましょう。

お尻のお肉をスッキリさせたい!

美尻のためのダイエット方法

ショートパンツを履くときには、お尻のお肉が気になりますよね。お尻にお肉が付く原因を知って、すっきりとした小尻を目指しましょう。

お尻にお肉がつく原因は?

お尻にお肉がついてしまうのは、筋肉のバランスが悪くなっているからです。特にお尻の横側にお肉がついてしまうのは、体重を体の外側にかけて生活をしているせいです。知らず知らずのうちに、重心が外側に向かっているため、お尻の外側の部分が出っ張ってしまって、不恰好になってしまいます。お尻のお肉をすっきりとさせるためには、重心を正しい位置に戻すことが大切です。

また、お尻のお肉がついてしまうのは、骨盤がズレていることも考えられます。骨盤のズレを整えるためには、腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えることが大切です。
お尻にお肉が付く原因はお分かりいただけましたでしょうか。では次に、重心を正しい位置に戻したり、骨盤のゆがみをなおす運動をご紹介しましょう。

正しい重心の位置を知ろう

お尻の横側にお肉がつきやすくなる外側重心になっていませんか?正しい重心の位置を知って、きれいな姿勢で立つことが大切です。まずは、重心の位置から見直してみましょう。

【正しい重心の位置】

正しい重心の位置

足の人差し指の付け根と、かかとを結んだ足の中心の線上に重心があるのが正しい重心の位置です。くるぶしの前側の土踏まずの近くに、重心が置かれているか確認してみましょう。

自分の重心を探してみよう

正しい重心の位置が分かったところで、自分の重心がどの部分なのかを探してみましょう。4つの動きをした後に、体重が掛かっている部分があなたの重心です。

【重心の位置の確認方法】

①両足を肩幅に開いて立ちましょう。
②足の裏を床につけて、前後に大きく体を揺らし、だんだんと揺れを小さくしていき、どこに前後均等に体重が掛かるかを探しましょう。
③前後と同じように、今度は左右も体を揺らして均等に体重が掛かる位置を探します。
④体の中心を考えて肩を上下に上げ下げし、目を閉じてリラックスをして立ちましょう。

目指せ小尻!骨盤のゆがみをなおすエクササイズ

お尻に付いたお肉を落とすために、骨盤のゆがみをなおすエクササイズをしましょう。

腸腰筋を鍛えるエクササイズ

骨盤のゆがみをなおすエクササイズ

骨盤のズレを整えるためには、腸腰筋を鍛えることが大切です。腸腰筋は、背骨と腰の骨と太ももの骨をつないでいる筋肉のこと。日常生活で腸腰筋を鍛えることができるのは、ウォーキングと階段の上り下りです。
ウォーキングをするときには、背筋をピンと伸ばし、足の根元の部分から大股で歩くことを意識して行いましょう。腸腰筋を意識して歩くことで、インナーマッスルが鍛えられます。何も意識をせずに歩くと、人間はなるべく筋肉を使わないで歩こうとしてしまいます。歩くときは、常に筋肉を意識することが大切です。

骨盤まわりの筋肉のエクササイズ

お尻のお肉をスッキリさせるための、骨盤まわりの筋肉を鍛えるエクササイズをご紹介しましょう。用意をするものはバスタオル1枚です。

①足を肩幅程度に開き、腕を胸の前でクロスさせます。
②ひざの間に丸めたバスタオルを挟み、足を内側にきゅっと引き締めながらスクワットをします。
③20回を1セットとして、朝夕1回ずつ行いましょう。

PR