いくつになってもお尻はアップします!お尻引き締めダイエットの方法
170views

いくつになってもお尻はアップします!お尻引き締めダイエットの方法

女性のあこがれであるきゅっと引き締まったお尻。後ろ姿がかっこいいと素敵な女性に見えますね。なかなか自分では確認できないお尻。でも他人にはいつも見られているこのお尻をどうにかしたい!簡単にできるお尻引き締めダイエットの方法について調べてみました。

自分の後ろ姿にびっくり!

自分のお尻にノーマークではないですか?

自分のお尻にノーマークではないですか?

毎日の身だしなみで、鏡を見るのは欠かしませんが、なかなか後ろ姿まではチェックしないものですよね。

なにかのきっかけで、自分の後ろ姿にびっくりすることありませんか?

銭湯とか、プールとか、、、、。お尻については、若いころのイメージのままだったりして。

こんなお尻になりたい!

こんなお尻になりたい!

女性のお尻の悩み別にお尻を分類すると、お尻の下の部分に脂肪がついてしまった垂れ尻、骨盤の開きが原因で脂肪がつき、横に広がってしまった四角尻、脂肪が少なく平らな扁平尻、お尻の周辺に脂肪がつき、骨盤のゆがみが原因の場合もある出っ尻に分かれます。

いつでも始められるお尻引き締めダイエット

さまざまなお尻の悩みはありますが、胸は落ちてしまったら戻りませんが、お尻はまだまだアップすることができますし、お尻が上がってかっこいい人は、体全体に緊張感があり、素敵ですよね。どんなお尻引き締めダイエットの方法があるのでしょうか?

お尻を引き締める筋肉とは

きゅっと引き締まったお尻にするためには、どこを鍛えればいいのでしょうか?

それはお尻を構成する大臀筋と中臀筋です。

大臀筋は足を後ろに持ち上げる動作や、ジャンプするときに使う筋肉で、中臀筋は足を開くときに使う筋肉です。これらは重力には逆らえない筋肉たちで、運動不足が顕著に表れます。この筋肉を鍛えることで、余分について広がっているお尻を引き締めることができます。

お尻引き締めダイエットの方法

お尻引き締めダイエットの方法

お尻引き締めダイエットの方法として、大臀筋を引き締めるストレッチをご紹介しましょう。

まず肘をついて、背中をまっすぐにした状態で、四つん這いになります。次に、息を吐きながら、片足をゆっくりと上に持ち上げ、床と平行になるくらいでストップ。それから、 ゆっくりと上げた方の足を元の位置に戻しましょう。これを左右交互に各5回、3セット行うようにしましょう。

この運動が楽にできる方は、もっと大きな動きで大臀筋を刺激します。

腕は肘をつかずに手で支え、足を上げる際には、床と平行ではなく、さらに上の方向に足を斜め後ろに蹴り上げるようにあげましょう。足を戻すときは、床につけずに、足を抱え込むように膝と額を近づけて、背中を丸めます。床には足を付けずにまた斜め後ろに蹴り上げましょう。左右10回~15回づつ2回が目安です。足を床につけないところが結構ヘビーな運動です。

ながらストレッチも効果的

ながらストレッチも効果的

なかなかストレッチの時間が取れない人には、ながらストレッチがおすすめです。

テレビを見ながら、台所でお鍋を見ながら、ドライヤーで髪を乾かしながら、などなど、まっすぐ立ったら、片足を一歩後ろに引きます。そのまま膝を曲げずに、つま先を伸ばした状態で、足を後ろに蹴り上げる動作を繰り返します。場所の制約がありますが、ぎりぎりまで上げられれば、結構太ももの裏の筋肉が鍛えられて、きつい運動です。同じようにつま先を伸ばして、横にあげれば、中臀筋も鍛えられます。

PR