くびれストレッチを続けて美ボディを作ろう!!
41views

くびれストレッチを続けて美ボディを作ろう!!

ダイエットのためやくびれを作るために運動をしている方も多いと思いますが、なかなか時間がなくて続かないという話もよく聞きます。そこで、ここでは簡単にできるくびれストレッチを紹介します。効果を得るためには、毎日続けることが大切です。くびれストレッチを続けて、美ボディを目指しましょう。

くびれストレッチは1日1分で効果を得られる!

ストレッチと言うと、運動を行う前の準備運動だと捉えがちですが、実は、ストレッチを行うただけで燃焼効率が高まり、美ボディを手に入れることができます。

従って、運動をする時間がない人も、ストレッチをするだけでたるみが改善されたり、引き締め効果を期待することができます。消費カロリーは少ないですが、1分間ストレッチをするだけで、効果を得ることが可能ですよ。

くびれストレッチの方法

くびれを作るくびれストレッチは、簡単にできます。ここからは1分間でできるくびれストレッチを4つ紹介します。どれも簡単にできるので、毎日続けましょうね。

うつ伏せから始めるストレッチ

まずは、うつぶせで寝ます。そして、腕を使って上半身を起こします。その後、気持ちが良いと感じるところで止めて、5秒間キープします。体を右にひねって5秒、左にひねって5秒キープしたら、体を戻しましょう。

このストレッチは、本当によく効きますよ。

うつ伏せから始める

仰向けになってするストレッチ

まず、仰向けになって寝ます。その後、右ひざを90度に曲げ、股関節も90度に曲げます。そして膝を床に近づけましょう。顔は右側に向けて、左手で膝のあたりを押すと、気持ちよく伸ばすことができますよ。この状態のまま、5秒キープした後、体を元に戻します。左足も同様に行いましょう。

仰向けでも

座って伸びるストレッチ

座ってするストレッチもくびれストレッチの一つです。

まず、椅子に深く座ります。そして、両手を上にあげて、お腹を引き上げるようにして上に5秒間伸びましょう。終了したら力を抜いて楽な体勢になります。次に、両手を上にあげて背筋と伸ばしたら、ゆっくりと右側に体を倒します。気持ち良く脇腹が伸びたところで5秒間キープします。終わったら、左にも体をゆっくり倒して5秒間耐えましょう。

座ってするストレッチ

座って体をねじるストレッチ

イスに座って、右足が上になるようにして、足を組みましょう。そして、右に体を向け、腰をひねって背もたれを掴みます。この状態で5秒間静止し、終わったらゆっくりと元に戻りましょう。右が終わったら、左足が上になるように足を組んで同じことを行います。

座って体をねじる

くびれストレッチの注意点

無理は禁物

ストレッチの効果を上げるために、無理をしてしまう人も多いですが、ストレッチをする時は無理をしないことが大切です。気持ちよいなぁと感じるところまで伸ばすようにしましょう。

特に腰痛持ちの方は、無理をすると逆効果になってしまいますよ。痛みを感じる時は、できる範囲で行えるように心がけましょう。

無理は禁物ですよ

くびれストレッチの効果を得るためには、毎日続けることが大切です。筋肉を使わずに過ごしていると、筋肉は固くなり、くびれなんて絶対にできませんよ。前述したストレッチの数々は、すぐにできるものばかりなので、思い出した時間に行うようにしましょう。

毎日続けることが大切

PR