健康状態を維持しつつ痩せる食事療法でダイエット効果を
15views

健康状態を維持しつつ痩せる食事療法でダイエット効果を

痩せる食事療法を過酷な断食や計算し尽くされた病院食と混同される向きもありますが、いずれとも違います。必要な栄養素の摂取をキープしつつ、過剰摂取部分をカットする事で余分な脂肪の蓄積を抑える食生活を指す言葉であり、心身の苦痛を伴う訳ではありません。

食事療法でダイエットを

 食事療法でダイエット

ダイエットを別の表現で言い換えれば、ズバリ「肥満からの脱却」と何やら映画のタイトル風になりますが、異論を唱える事は出来ません。中にはモデル並みのプロポーションの実現を目標にダイエットに挑まれる方もおられるでしょうが、殆どの方々にとってダイエットは健康な肉体を手に入れ、体調を向上させる目的達成の手段として実践されています。そして今日インターネット上でもその圧倒的な関連情報を瞬時に閲覧出来る状況となっており、果たしてどのようなダイエットが自身にベストマッチなのか、選択と判断に窮してしまうケースも珍しくありません。

誰に指示された訳でも無く、今度こそ成し遂げねばと心に誓って。

冷静に自問自答してみれば、自分は運動が苦手だから、そっち方面だと長続きするとは思えず、ならば誰もが思い浮かべるのが食事制限。だけど大好きな食べ物を我慢すればストレスが増し、今度はストレス太りが心配になってしまい、結局ダイエット決行に腰を上げる事が出来ない・・・これもまた多くの方の定番パターンでしょう。そんな皆さんにお薦めしたいのが「痩せる食事療法」なのです。「食事制限」とは違い、何でもかんでも食べる事を我慢する訳ではありません。まずは「食事療法でダイエット」を正しく理解するところから始められてはいかがでしょうか?

食事療法と断食は違います

食事療法と断食の違い

「痩せる食事療法」なる何やら堅苦しい雰囲気の四文字から、時に好き嫌いや美味しい不味いを一切無視した、完全管理の病院食を連想される方もおられるかも知れません。あるいは試合前のボクサーの減量の如く、限られたごく少量の食物しか口にせず、更には水の摂取量まで定められる、そんな心身の負担を伴う治療法だと早合点される方も?・・・いずれも「間違い」ですのでご安心を。

食事療法は食べながらダイエット。断食とは違います。

食事療法とは肥満の原因となる体内の脂肪の蓄積量を減少させ、同時に適度な運動を絡める事で段階を踏んで身体の外観のみならず、体質面の向上をも目的とする改善方法なのです。断食で新たな栄養素を一切補給しない方法は確かに体重の減少を程無く体感出来ますが、健康的なノウハウとは言えず、いわば「自らの身体を削ぎ落す」行為でもあり、本当の意味でのダイエットとは言い切れません。

必要な栄養素をキープして健康的に

食事療法で健康維持しながらダイエット

食事療法の最重要ポイントは、1日に必要な栄養素(カロリー)を下回る事無く、これまで過剰摂取だった部分をカットする食生活に改善する事です。例えばジャンクフード系の偏食傾向が顕著であったとすれば、極力外食を押さえ油の摂取を控え、和食にウエイトを置いた食生活にチェンジするのも、立派な食事療法の1つなのです。あるいは常に満腹感100%まで食べてしまう大食傾向が見られたのであれば、俗に言う「腹八分目」を心掛ける事も同様です。

ゆっくり時間をかけてよく噛めば、少量でも満腹満足感が得られます

それでも今まで好き放題食べて飲む食生活が常だった方々にすれば、食事療法を「辛い」と感じてしまって当然でしょう。ですがこの場面では『自らを強い意志で戒める姿勢」が求められ、それは僅かな工夫で十分実践出来ます。例えば濃い目の味付けのおかずの場合、自然とご飯も進みます。味付けを薄目に抑えるだけでも効果が得られるのです。あるいは炭酸飲料を控える、間食は控える、そのためには炭酸飲料やおやつを視界に入る場所に置かないなど、全てを食事療法に連動させて行きましょう。食事療法に基づいた食生活が自然と身についた頃には、ご自身でもビックリされる程のシェイプアップが実現出来ている事でしょう。

PR