太るのは気になるけれど、美味しいものは食べたい!カロリー吸収を抑える方法がありました!
252views

太るのは気になるけれど、美味しいものは食べたい!カロリー吸収を抑える方法がありました!

カロリー吸収を抑える方法があります。食べ方の順番を変えてみたり、空腹時に食事を食べるのは止め、小分けにして食べたり、食事の前に水を飲むなど、いろいろな工夫があります。これなら腹八分目で我慢できそう!ダイエットシュガーを料理やお菓子作りに利用すれば、低カロリーになります。

おいしいものが食べたい。カロリー吸収を抑える方法

カロリー吸収を抑える方法

ダイエットをして、痩せたい!スリムな体型になりたいと思っているにも関わらず、美味しいものも食べたい!と思うことはありませんか?そんな欲張りなあなたに、カロリー吸収を抑える方法をご伝授します。

朝食や昼食を抜いて、ものすごく空腹な時は危険

食事を抜いたとき、ものすごい空腹感を味わった経験はありませんか。そんな空腹感を味わった時、次の食事で、あまりにもお腹が空き過ぎて、ドカ食いしてしまった経験はありませんか?実は、この空腹になり過ぎてしまうと、食べたものの吸収率がアップしてしまうのです。身体が飢餓状態になっているため、食べ物を取り込もうとするため、太りやすくなってしまうのです。

食事制限を長期間されている方も注意!

https___www.pakutaso.com_assets_c_2014_04_PAK86_torinosumunouyakusarada20130825500-thumb-autox1000-4405

炭水化物ダイエットや、サラダだけを食べ続けている食事制限生活を続けていると、毎日、身体に必要な摂取カロリーが入ってこないため、身体が省エネ体質になってしまいます。それによって身体の基礎代謝率が低くなります。そんなとき、いきなりケーキなどの高カロリーな食べ物を食べてしまうと、長期間身体が飢餓状態だったため、身体への吸収率が高まってしまいます。

カロリーの九州を押さえるには小分け作戦!

カロリー吸収を抑えるには、食事の回数を増やし、小分けにして食べる方法があります。たとえば、昼食、10時の軽食、昼食、3時のおやつ、5時の軽食、6時の夕食……と言ったように食べる回数を増やしていくのです。一回ごとの食事の間があまり離れておらず、空腹感もある程度感じない状態であるので、血糖値も上がらず、身体への吸収率も抑えることができます。

食事の前に水を飲めば、食欲を押さえられます。

688588284d15d00b839ed35754de2a71_s

食事をする前に、水を飲んでおくと、満腹感があるため食事の量を押さえることができます。そのため最終的にはカロリー吸収を抑えることができます。

スープや汁物から食べてカロリー吸収を抑える

順番をかえるだけでもカロリー吸収を抑えられます。食事の際、何から食べ始めるかあまり意識されない方も多いのではないでしょうか。少しでもカロリー吸収を抑えたいのであれば、食べる順番にもこだわってみましょう。最初に食べたいのは、味噌汁などの汁物です。次にサラダなどの野菜類。次は、魚や肉類などのメイン料理。最後に炭水化物を食べましょう。この順番で食べると、カロリーの少ないものから食べ、最後にカロリーの高いものを食べるため、消化吸収率を抑えることが出来る上に、満腹度も高いのです。

満腹を感じ始めるのは食事を始めてから15分後

人は、満腹中枢で満腹だと感じると、食べるのを止めることができます。満腹中枢で満腹を感じることができるのは、食事をはじめてから15分後であるため、15分間はなるべくカロリーの低いものをゆっくりと食べるとよいでしょう。

ダイエットシュガーでカロリー吸収を抑える

料理やお菓子作りが好きな方であれば、ダイエットシュガーでカロリーの低い料理やお菓子を作ってみましょう。

サプリメントを利用する方法も!

カロリー吸収を抑えるサプリメントも薬局で購入することができるので、こうしたサプリメントを利用するのも一つの方法でしょう。

PR