あなたは大丈夫?!メタボになっていませんか?メタボの診断基準で健康チェック!!
41views

あなたは大丈夫?!メタボになっていませんか?メタボの診断基準で健康チェック!!

メタボリックシンドロームいわゆる”メタボ”ですが、大丈夫ですか?ウエストのサイズだけではないメタボの診断基準!いったいどんな項目があるの?自分は大丈夫?検査項目などをチェックして健康チェックしましょう!!

メタボリックシンドローム、いわゆる”メタボ”ですが、自分は大丈夫!って思っていませんか?年齢を重ねるごとにその可能性が大きくなるメタボの診断基準などを見ていきましょう!!

メタボの診断基準っていったいどんなものなの?

ウエスト周囲径はいくつですか?

メタボの診断基準をチェック

メタボの診断には必修条件があります。それが「内臓脂肪の蓄積」です。これはウエストの周囲径を計ります。男性は男性85cm以上、女性は90cm以上になります。ちなみに内臓脂肪面積が100平方センチ以上にあるそうです。
ではなぜこのサイズなのでしょうか?高血糖、脂質異常、高血圧の合併の確率が高くなるのが内臓脂肪面積の大きさが100平方センチメートル以上と言われています。これはCTを受けなくてはわからないのですが、なかなかCTを全員の方が受けることが難しいのでスクリーニングという手法で算出されたのが上記のようなウエストの周囲径となるそうなのです。

ウエスト周囲径を計る方法とは?

正しい姿勢で立ちます。次に息を吐き、おへその高さで水平に計ります。

メタボの診断はウエスト周囲径だけじゃなかった!!

メタボの診断基準をチェックウエスト以外のメタボ診断

1:脂質異常をチェックします。

中性脂肪が150mg/dL以上もしくはHDLコレステロールが40mg/dL未満。両方の場合でも。これはメタボは中性脂肪の”過剰”増加、そしてHDLコレステロールの減少が要因となってくるからだそうです。

2:血圧をチェックします。

最高血圧が130mmHg以上、もしくは最低血圧が85mmHg以上であるときが高血圧と判断されますが、これら両方である場合も当てはまります。

3:高血糖のチェックをします。

空腹時血糖値が110mg/dL以上が基準になります。

ウエスト径のサイズと上記のチェック項目の2つ以上が当てはまるとそこで”メタボリックシンドローム”と診断されるそうなのです。

メタボリックシンドロームだと何がいけないの?

内蔵肥満が多く体内にある場合、高血圧、高血糖、そして脂質代謝異常などの合併症、さらにはそこから心臓病、動脈硬化、そして脳卒中を起こしやすいと言われています。
メタボの原因は単純に食べ過ぎだから!というわけではありません。いろいろな合併症の心配をされていますが、その病気が発症することによってメタボリックシンドロームになってしまうという話もあるそうです。
そして一番怖いのは検診などに行かず、メタボの場合いつの間にかなってしまうことがあるということです。単純に太ったなというだけでなく、様々な病気になってしまうことが多いとされているので、ぜひとも定期的な健診などを受診するよう心掛けてください。そしてメタボの原因とも言われる高血圧、高脂血症などの疑いが出てきたときはその場で改善できるよう、日々の生活を見直ししてみる方がいいですよ!

メタボリックシンドロームと診断されたらどうするの?

まずは体重を減らすように生活を改善しましょう。いきなり無理なダイエットはいけません。3~5か月の間で体重の5%を減らす目標を立ててみましょう!それだけ蓄積してしまった内臓脂肪は減少するらしいですよ!ついでに生活のリズムを改善するよう、早寝早起き、暴食暴飲を控えるようにするとさらにいいですよ!少しの努力で健康な生活を手に入れましょう。
メタボの診断基準をチェックメタボ診断後の対処

PR