乳和食でダイエット!美味しくてヘルシーと大評判の新しい和食!
27views

乳和食でダイエット!美味しくてヘルシーと大評判の新しい和食!

乳和食でダイエット!近頃、牛乳や乳製品を使った新しい和食、乳和食が注目を浴びています。乳製品と和食のコラボレーションだけあっていかにも健康に良さそうですが、ダイエットにも効果的なんだとか。乳和食とは一体どんなもので、どのように活用していけば効果的なのでしょうか?

乳和食でダイエット!今話題の新しい和食!

近頃、乳和食という和食が各メディアでも取り上げられ話題になっています。

牛乳や乳製品を使った新しい和食は、健康にいいだけでなく、ダイエットにも効果的ということで、美容に敏感な女性の間では特に大注目の新ジャンルです。ヘルシーで栄養バランスも優れた和食がさらに進化したなんて、この乳和食を取り入れない手はない!

乳和食ってどんなもの?

乳和食ってどんなもの?

私たちが日ごろ食べている和食は、ヘルシーで優れた健康食として海外でも評価されています。

しかし和食にも、塩分を過剰摂取してしまう欠点があり、実際に日本人の塩分摂取量は世界でもトップクラスであるそう。塩分の過剰摂取は高血圧を招き、脳卒中や心不全などを引き起こす原因となります。

そこで和食に牛乳を使うことにより、コクやうまみが生まれ減塩できるというのが乳和食。さらに乳製品そのものに血圧を下げる効果が期待できたり、乳製品を料理に加えることでカルシウムを効果的に摂取でき、和食の風味を損なわずにもっと健康的な料理を楽しめるわけですね。

乳和食を取り入れることのメリット

乳和食を取り入れることのメリット

日本人の2人に1人が高血圧とも言われており、これは塩分摂取量に多い和食が大きな原因の一つと言われています。乳和食を取り入れることで、脳卒中や心不全などの循環器系疾患のリスクを減らせるわけですね。

また出汁や調味料の代用品として使用する牛乳は、老化を防ぐカルシウムやマグネシウム、ビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれているので、美容やメタボリックシンドロームの予防にも効果があることが分かっています。

そして何より、乳糖の甘さや乳脂のコクの旨味で、和食としての味わいもしっかりとキープしてくれるので、単なる減塩食とは違って良いことだらけなんですね!

どのように取り入れればいい?

どのように取り入れればいい?

乳和食に初めてトライする方は、汁物からやってみるのが簡単かも知れません。

たとえば味噌汁の場合、水の代わりに牛乳を使うことで味噌の量を大幅に減らすことができます。牛乳に含まれる乳脂のコクや旨味で、味噌の量を減らしても決して薄味にはならず、新しい味噌汁の甘味に驚かれるかも知れません。

同様に豚汁などでも取り入れることが可能です。また、サバの味噌煮などの場合には、最初の煮汁で使う味噌や砂糖などを半分に減らす代わりに牛乳を相当量加えましょう。牛乳には魚の臭みを摂る効果があるだけでなく、しっかり味噌などの調味料の代わりに旨味を出してくれます!

乳和食はダイエットにもいい!

乳和食はダイエットにもいい!

塩分の過剰摂取になりがちな和食。健康の観点から見ても要注意であることはもちろん、美容の観点から見ても、塩分の取り過ぎはむくみの原因となり代謝が悪くなるので、気を付けたいですよね。

また塩分だけではなく、和食の味付けには砂糖も多く使われます。知らないうちに塩分だけでなく、糖質も多くとってしまいがちなのですね。これらの調味料の代わりに牛乳を取り入れることで、塩分や糖質の過剰摂取を抑え、さらにカルシウム、ビタミンなどの栄養素を多く取り入れることで、メタボリックシンドロームの予防にも効果があることが分かっています。

そもそもヘルシーな和食ですが、その数少ない弱点を克服した新しい和食は最強ですね!

PR