巻き肩を治して痩せる方法があるって本当?
142views

巻き肩を治して痩せる方法があるって本当?

巻き肩を治して痩せる方法?「ダイエットしているのになかなか痩せない」「バストがたるんできた」等々でお悩みのあなた。ひょっとして巻き肩が原因なのかも知れません。巻き肩は肩こりなどの原因となるだけでなく、痩せにくい体になるなど美容にも大きな影響があると言われています。その実態や改善方法をご紹介します!

巻き肩を治して痩せる方法があるって本当?巻き肩について知りたい!

巻き肩を治して痩せる方法があるって本当?

肩こりや頭痛、目のかすみなどに悩まされているなどの体調の異常だけでなく、バストが垂れてきたり、代謝が悪くなってきている症状を実感しているあなた。

それは巻き肩が原因かも知れません。巻き肩は女性の美容に大きな妨げとなるだけでなく、せっかく頑張ってダイエットを行っていても、巻き肩のせいでそのダイエットの効果が大きく制限されてしまいます。

要するに、美容を意識するなら、まずはこの現代病とも言える巻き肩を改善しないとなりないわけですね。

巻き肩って何?

巻き肩って何?

巻き肩とは、体を横から見たときに本来真ん中にあるべき肩が、前方に位置している状態を言います。

腕が前方へ引っ張られ、肩甲骨も前方へ出てくる形となります。この巻き肩は現代人の仕事やライフスタイルと大きなかかわりを持っている現代病の一つ。

毎日パソコンやスマホを使用する際には頭を下げて背中を丸めた状態になりますが、胸側の筋肉が縮まる一方で背中側の筋肉が伸び、前後の筋肉のバランスが悪いまま固まってしまうことが巻き肩の原因となり、美容や健康に様々な悪影響を及ぼしています。

体にどんな悪影響があるの?

体にどんな悪影響があるの?

肩周りの筋肉や、胸腹筋と背筋のバランスの悪さは体の歪みの原因となります。その歪みは内臓、特に胃腸の不調を誘発し、代謝が悪く痩せにくい体質になってしまいます。

巻き肩で体が前傾姿勢になり胸の筋肉が縮まることで、バストが垂れてしまったり貧乳に見える原因にもなります。そして何より、猫背の姿勢は格好が悪く、モデルとは程遠いスタイルや歩き方になってしまいます。

ダイエットの妨げになっているかも!

ダイエットの妨げになっているかも!

姿勢が悪いと肩こりがひどくなるのはもちろん、血やリンパの流れも悪くなり、老廃物が溜まることで体の基礎代謝が低下していきます。さらには肋骨が閉じて肺が狭まった状態になるため呼吸も浅くなり、酸素が体全体に行き渡らない状態となります。

そのような体の状態で食事療法やエクササイズを行ってもの効果は期待できません。ダイエットのお金や時間を無駄にしないためにも、巻き肩はしっかり治しておきたいですよね。

簡単な改善方法を知りたい!

簡単な改善方法を知りたい!

巻き肩はマッサージや整体院でも治療してくれるのはもちろん、自宅でのトレーニングでも改善できます。

腕立て伏せで肘を伸ばした状態で20~30秒、次に肘を曲げた状態で20~30秒、これを毎日数セット繰り返すだけで大きな効果が期待できるでしょう。

また、パソコンやスマホを使う際には、視線と同じ高さに据えたうえで、背筋を伸ばし胸を張るイメージを心がけるなど、巻き肩の原因であるこれらの動作を意識してあげることも、簡単で確実な改善方法の一つですね。

まとめ

まとめ

巻き肩を改善し、すっと背筋が伸びた姿勢になれば、スタイルが良く見えるだけでなく、実際にバストのハリや上半身がスッキリした実感が出てくるはずです。

そのような美容面だけでなく、肩こりや頭痛、さらには自律神経失調などの健康面にも影響を及ぼす巻き肩を解消して、心身ともに自信に満ち溢れた女性になりましょう♪

PR