手軽にデトックス効果を実感!ウィートグラスダイエットの方法
80views

手軽にデトックス効果を実感!ウィートグラスダイエットの方法

ウィートグラスダイエットの方法はとても簡単です。ウィートグラスをジュースにして、好きなタイミングで好きなだけ飲むだけです。ポイントはジュースは低速ジューサーを使うこと、作って15分以内に飲むこと。また、ウィートグラスは難消化性なので最初は少量から摂取するようにします。継続することが成功のコツです。

ウィートグラスダイエットの方法とコツ

ウィートグラスダイエットの方法とコツ

最近、モデルやセレブの間で話題の飲み物があります。

それは緑色をした飲み物なのですが、青汁でもユーグレナでもありません。その正体はウィートグラスジュースです。

ウィートグラスとは小麦若葉のことで、食物繊維が豊富でデトックス効果が高いため、ダイエット効果があるとされ、現在、次世代のスーパーベジタブルとしてひそかなブームになっています。

日本でよく知られている青汁は大麦若葉のケールですが、ウィートグラスはケールに比べて食物繊維が多いこと、飲みやすいという特徴があります。このウィートグラスを取り入れたダイエットはウィートグラスダイエットと呼ばれています。

どのような方法で行うのでしょうか?また飲み方のコツやポイントなどを解説します。

【1】ジュースにする

ジュースにする

ウィートグラスには多くのクロロフィルが含まれています。

このクロロフィルは胃では消化できないため、そのまま食べると消化不良を起こす恐れがあるため、必ずジュースにして飲むことを進めています。ジュースにすることでクロロフィルが腸でしっかり働くことができ、ダイエットを強力にサポートすると言われています。

ジュースは生のウィートグラスを低速ジューサーで作ることがおすすめです。低速ジューサーでないと、加熱によって成分が変質して、デトックス効果が減ってしまうことがわかっているからです。

低速ジューサーを持っていない場合にはウィートグラスのパウダーを利用するものおすすめです。ジューサーで作ったものには効果では敵いませんが、それでも手軽さから毎日、継続することができます。ウィートグラスダイエットは続けることで、より高い効果があるのでパウダーでも続けることが大切です。

【2】空腹時に飲む

空腹時に飲む

ウィートグラスジュースは1日のうち、時間帯に関わらず、いつでも好きなだけ飲んで良いと言われています。

しかし、もっともダイエット効果を引き出すタイミングは空腹時や食前です。また、時間帯では朝と寝る前も効果的です。ウィートグラスジュースを飲んで20分程度、なにも口にしない時間をとると、より胃腸の負担は減るでしょう。

胃腸が弱い人の場合には一度に大量のウィートグラスジュースを飲むと気分が悪くなったり、吐き気を感じる場合があります。また、食後に飲むと胃もたれをすることがあるので注意しましょう。

体質などの問題もあるため、最初は1日1杯、30グラムから50グラムを目安に飲み、慣れてきたら飲む回数や量を増やしていきましょう。ウィートグラスジュースの効果が一度の摂取量よりも継続して飲むことでより高い効果を発揮します。

【3】作りたてを飲む

作りたてを飲む

ウィートグラスジュースは薬ではないので、基本的にいつでも好きなときに好きなだけ飲んでも構いませんが、必ず作りたてを飲むようにしましょう。

ウィートグラスジュースは酸化に弱いため、作った直後からどんどん栄養は変質します。そのため、15分以内飲みきることが大切です。作り置きには向かないようです。この特徴は低速ジューサーを使った場合ですが、パウダーであっても早めに摂取するようにしましょう。

【4】自分で栽培しても◎

自分で栽培しても◎

ウィートグラスは比較的簡単に育てることができます。そのため、自宅でウィートグラスを栽培することもおすすめです。自宅で栽培すると農薬などの心配をしなくて良いので安心ですし、お財布にも優しいというメリットがあります。

PR