ダイエットの方法が悪いのではありません!痩せる脳の作り方で失敗しないダイエットをしよう!
102views

ダイエットの方法が悪いのではありません!痩せる脳の作り方で失敗しないダイエットをしよう!

何度も挫折を繰り返し、ダイエットに失敗してばかり・・・私ってそんなに根性がないの?綺麗になりたくないの?そう悩んでいるあなた、必見です!ダイエットに成功しないのは、自分の問題でもやり方でもはなく、痩せる脳ではないからです。まずは痩せる脳の作り方を知って、簡単綺麗にダイエットをしましょう!

ダイエットが成功しない理由とは・・・?

失敗しないダイエット

ダイエットをいくら頑張っても、なかなか成功しない。あるいは、ダイエットに成功してもすぐにリバウンドをしてしまう・・・これって自分自身の弱い部分があるからなのでは?なんて思ってしまう方、いらっしゃいませんか?ダイエットに失敗すれば、きっとやり方が自分とは合わなかったのかも?と違うダイエットをしてみても、やっぱり結果は同じ。きっとこれって大きな原因があるのではないかと思いませんか?

ダイエットが成功しない理由・・・それは脳なんです

ダイエットが成功しない理由

いくらおなかがいっぱいでも、目の前に美味しそうなスイーツがあったとき「ちょっとだけ・・・」と言いつつ、食べてしまったりすることはありますよね。また、疲れてしまっているとき、あるいはイライラしているときというのは、ついつい甘いものを欲してしまい、食べてしまうことってありますよね。実は、これが太る脳を作ってしまっているのです。つまり、お腹が空いていないのに、甘いものを食べると一時的に疲れやストレスが解消するという経験のもと、脳が食欲をコントロールできなくなってしまっているのです。

痩せる脳を作ろう!

脳を痩せるようにコントロールさせることが一番大切です。また、今までの習慣でお昼になったらお腹が空いていなくても「ご飯を食べなければならない」というように決め込んでしまっている状態が、太る脳の原因なのです。ですから、こういったストレスや「食べなければならない」という考え方を一度改善してみましょう。

痩せる脳のためのキーワード「セロトニン」

痩せる脳の作り方において、一番のキーワードが「セロトニン」と呼ばれるアミノ酸の一種がもとになっている脳内物質です。この「セロトニン」が脳内で十分に満たされている状態というのがいわゆる心が満たされている状態ということです。逆にいえば、この「セロトニン」が少ない状態というのは、疲れやストレスが溜まっている状態というわけです。つまり、精神的なストレスと「セロトニン」が大きな関係であることが分かります。

「セロトニン」が増える食材を積極的に摂り入れよう

失敗しないダイエット痩せる脳作り

「セロトニン」は必須アミノ酸の一種であり、その「セロトニン」を増やすための食材として、マグロやカツオなどの赤身の刺身、チーズや大豆などの食材がそのアミノ酸を豊富に含んでいます。ですから、いくらダイエットだからと言っても、このセロトニンが増えなければ、結局脳は太る脳のままであるために、痩せない、あるいは痩せてもリバウンドをしてしまうようになってしまうのです。そして、このアミノ酸を脳に取り入れるために必要なのが「糖」です。ホットミルクに少しのはちみつを入れる、などは、そのアミノ酸を上手く脳内に取り込む働きをしてくれます。

規則正しい生活と適度な運動を

「セロトニン」はストレスと大きな関係があります。ストレスを抱えないためには、適度な運動をすることで体がリフレッシュすることで分泌されることはもちろん、その適度な運動が一定のリズムで行うようなエクササイズ(例えばウォーキングやジョギング)などで、より効果があると言われています。また、脳の中の活性化を図るためにも、規則正しい生活を送ることが大切です。

ストレスを貯めない!とやみくもに頑張るのではなく、体に良いことをしている、睡眠をしっかりして、食事をしているときは、あまり考えずに、目の前にある食べ物を美味しく頂く、などの心がけだけでも、実は痩せる脳を作っているのかもしれませんね。

PR