内臓時間にあわせた食事の摂り方でダイエット効果が倍増します!
69views

内臓時間にあわせた食事の摂り方でダイエット効果が倍増します!

内臓時間にあわせた食事方法を取り入れてダイエットしてみましょう。臓器によって活発に活動する時間帯があります。胃はお昼から午後2時に活発的になり、肝臓は午前中に活発的になり、腎臓は夜間活発的になります。カロリーの高いものを食べるなら午前中までに済ませておきましょう。夜は控えめにしましょう。

内臓時間にあわせた食事方法でダイエット

食事を摂るタイミングを変えよう!

食事を摂るタイミングを変えよう!

食事制限をしているにも関わらず、なかなか思うように痩せることが出来ないという方は、内臓時間にあわせた食事方法に変えてみてはいかがでしょうか。食事を摂るタイミングを内臓時間にあわせるだけで効率的に痩せることが出来ます。

知ってた?臓器によって活動時間が違うことを!

臓器によって活発に活動する時間帯がありました

身体の臓器は24時間活動しています。昼間はどの臓器も活発に動き、夜は休息しているイメージがありますが、実は臓器によって活発に動く時と、そうではない時があったのです。

胃が最も活動するのはお昼から2時!

胃が最も活動するのはお昼から2時!

胃が最も活動する時間帯があります。それはお昼から午後2時の時間帯です。この時間帯にお肉を食べれば、一番タンパク質を消化してくれる時間帯なので、効率よく消化してくれます。ボリュームのあるカツ丼やステーキが食べたいのなら、お昼の時間帯に食べるとよいでしょう。

肝臓が最も活動するのは午前中でした!

肝臓が最も活動するのは午前中でした!

肝臓が最も活動するのは、午前中です。

起床後から活動を始め、ピーク時は11時です。ダイエット中、脂肪分や糖分の多いケーキが食べたいのであれば、朝食べるのがお勧めです。夜食べると、身体に脂肪が蓄積されてしまいますが、朝、甘いものを食べれば、肝臓が脂肪の分解や身体の代謝エネルギーとして変換させてくれるため、効率よくカロリーを消費してくれるのです。

腎臓が最も活発に動くのは夜間

腎臓が最も活発に動くのは夜間

腎臓は夜間活発に活動を行っています。

老廃物の処理などを行っているのですが、寝る前に暴飲暴食をしてしまうと、腎臓の活動がヒートアップ状態になってしまうため、気をつけましょう。就寝前3時間前には夕食を済ませるようにすると、腎臓に負担をかける心配がありません。

夕食は軽めにすませると、腎臓への負担も軽くなり、就寝中に脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエット効果も上がります。

ダイエット効果を上げる食べ方とは

朝はしっかり食べましょう

朝はしっかり食べましょう

午前中は、肝臓や胃が活発に活動している時間帯であるため、タンパク質や糖質、ビタミンやミネラルなどを含む食事をしっかり摂りましょう。

卵やハム、ソーセージにはタンパク質が含まれており、パンには糖質、果物にはビタミンやミネラルが含まれていますので、これらの食品を頂くようにしましょう。

お昼までなら高カロリーの好物を食べてよし!

昼間は胃、肝臓が活発に動いているため、ボリュームのある高カロリーメニューはお昼までに頂きましょう。夜食べると、脂肪になりますが、昼間ならしっかりとカロリーを消化させることが出来ます。

夜は少なめに!

夜は腎臓以外の臓器が休息に入る時なので、なるべく消化するのに負担にならない内容の食事にするとダイエット効果を上げることが出来ます。また夕食は冷たいものを食べると、内臓が冷え、活動がさらに鈍るため、温かい汁物やうどん、雑炊などを頂くとよいでしょう。

残業で遅くなった時は

残業で遅くなった時は

仕事をされている方の場合、どうしても残業なので夕食を食べる時間が遅くなってしまう場合があります。夜遅くに食べてしまうと、臓器に負担がかかるため、おにぎりなどの炭水化物を先に食べておくとよいでしょう。就寝前はなるべく食べない方がよいでしょう。

PR