食欲の秋はダイエットにも向いているって、本当?
41views

食欲の秋はダイエットにも向いているって、本当?

秋といえば、「食欲の秋」という言葉が頭に浮かびますよね?でも、実は秋はダイエットにも向いている季節だということをご存知ですか?どうして秋がダイエットに向いているのか、どうしたら秋のダイエットを成功させられるのか、そして秋が旬のおいしい食べ物はダイエット中に食べてもいいのかどうか、考えてみましょう。

秋はダイエットに向いていると言われる理由。

秋は気持ちよく運動できる季節。

暑さのあまり、少し運動しただけで汗だく・・・そんな夏が過ぎると、暑すぎず寒すぎず、体に負担をかけすぎずに、気持ちよく運動をすることができる秋がやってきます。

激しい運動をする必要はありません。気持ちよい季節を体感するためにアウトドアを楽しむつもりで、ジョギングなど軽めの運動から始めてみましょう。

秋は気持ちよく運動できる季節。

秋は基礎代謝が上がる季節。

ダイエットを効果的に進めて、しかも痩せ体質になるためには、体の基礎代謝を高くすることが大切です。基礎代謝というのは、じっとしているときに使っているエネルギーのこと。

つまり、体を動かしていなくても、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、体温を上げたりすることは必要ですから、そのために使うエネルギーのことなのです。

気温の高い夏と異なり、気温がだんだん下がってくる秋は体温を上げようと基礎代謝も上がってくる季節ですから、ダイエット効果が得やすい時期と言えるのです。

秋は基礎代謝が上がる季節。

秋は自律神経のバランスが整う季節。

さらに、冷房の効いた屋内と暑い屋外との気温差などで、自律神経のバランスを崩しがちな夏に比べて、秋は気温も穏やかで過ごしやすい気候になることから、自律神経のバランスが整ってきます。

自律神経のバランスが整うと、血行が良くなり、代謝も活発になることから脂肪も燃焼されやすくなるため、ダイエットに向いていると言えるのです。

秋は自律神経のバランスが整う季節。

秋のダイエットを効果的に進めるために。

筋トレと有酸素運動をしよう。

基礎代謝量というのは、一人ひとり異なるものですが、筋肉はエネルギー消費量が多いことから、筋肉の量が多い人ほど、基礎代謝量も高くなります。

筋肉量を多くするためには、筋トレによって筋肉鍛えることが大切です。すぐに始めることができる筋トレとしてお勧めしたいのは、腹筋、スクワット、腕立て伏せです。誰でも一度は行ったことがあり、特に用意するものはありませんから、今日からすぐに始めましょう。

筋トレに加えて行いたいのが有酸素運動です。有酸素運動には2つの効果が期待できますが、その一つ目が基礎代謝量を高めることです。ジョギングや水泳などの有酸素運動を行うと、肺や横隔膜を刺激することで、心肺機能の筋力が高まり、基礎代謝のアップにつながります。

そして、もう1つ期待できるのが、脂肪燃焼効果です。ただ、有酸素運動で脂肪が燃焼されるのは、運動開始後20分が経過してからと言われていますから、20分以上頑張るようにしましょう。

筋トレと有酸素運動をしよう。

リラックスタイムをもとう。

ダイエットをするうえで大切な自律神経のバランスを整えるためには、リラックスして副交感神経を優位にさせる時間を持つことが大事です。

副交感神経が最も優位に立つのは、湯船につかっている時間と睡眠の時間と言われていますから、ぬるめのお湯にゆっくり浸かったら、次は質の良い睡眠を取ることができるように、ゆっくりと部屋の中で好きな音楽を聞いたり、セルフマッサージを行ったりしましょう。

寝る直前までテレビを見たり、ゲームやスマホに夢中になっていると、質の良い睡眠を取ることはできません。

a17f3bdb5b5a75eddd0654734034556e_s 女性 リラックス 読書 音楽

秋の味覚を味方につけよう。

秋といえば、マツタケ、さつまいも、栗、梨、柿、サンマ、鮭、新米とちょっと考えただけでも、食欲がそそられる旬の食べ物がたくさんありますね。

これらの秋が旬の食べ物を見ると、サツマイモや栗には食物繊維、サンマなどの青魚には脂肪の吸収を抑えたり、血液の循環を促す成分、梨などの果物にはビタミン類がなどが多く含まれ、マツタケなどのきのこ類はカロリーも低いうえに食物繊維をたっぷり含んでいますから、ダイエット中に食べるのに向いている食材が多いのです。

もちろん食べ過ぎは禁物ですが、これらの食材をうまく取り入れると、体調も整えながら、ダイエットをすることができます。旬のものを食べることは、健康にもいいと言いますから、秋の味覚をおいしく食べたら運動をするなど、自分でコントロールしていきましょう。

秋の味覚を味方につけよう。

PR