すぐ満腹になる方法は?満腹感を得るためにはどうすれば良い?
133views

すぐ満腹になる方法は?満腹感を得るためにはどうすれば良い?

すぐ満腹になる方法を知っていると、少しの食事量で満腹感を得られるため、ダイエットをすることができますね。食事の量を減らして満腹感を得られる方法についてご紹介しましょう。これからダイエットをしたいと思われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

痩せたい方必見!食事量を減らして満腹感を得る方法

少しの食事量ですぐ満腹になると、ダイエットをして体重を減らすことができます。食事量を抑えてダイエットをする方法についてご紹介しましょう。

食事をする前にコレ!

食事の前にバナナを食べる!

食事をする前に食べると、食欲を抑えることができる食べ物や飲み物があります。食前に食べると良いものには色々な種類があるので、その日の気分によって変えてみるのも良いのではないでしょうか?

【バナナ】

食事をする30分前にバナナを1本しっかりと噛んで食べましょう。

満腹感が得られるので、食事の量を抑えることができます。バナナと一緒に水を飲むことで、便秘解消にもつながります。おなかに溜まっている便が排出でき、代謝力がアップするので一石二鳥ですね。

【かつお節】

かつお節からとった出汁を飲むことで、満腹感を感じやすくなることが、近年の研究で分かってきました。

食膳に飲むことが難しい場合は、食事の最初にお味噌汁として飲んでも良いでしょう。

【コーヒー】

食前に1杯のブラックコーヒーを飲むことで、食事の脂肪分解スピードを上げてくれます。

コーヒーに入っているカフェインは、脂肪を脂肪酸とグリセリンに分けるために必要となるリパーゼの働きを良くします。食後にコーヒーを飲む方が多いと思いますが、ダイエットをする場合は、食前にブラックコーヒーを飲むのがポイントです。

【寒天ゼリー】

食前に食物繊維がたっぷり入った寒天ゼリーを食べることで、満腹中枢を刺激して食欲を抑えることができます。

寒天ゼリーは、寒天と好みのジュースがあれば簡単に作ることができるので、手作りをして味を変えて楽しむことができますよ。

最初に食べるのは野菜

最初に食べるのは野菜

お肉、野菜、汁物、ご飯のランチを食べるとき、まず最初に食べるのは何でしょうか?

食事量を減らしてすぐ満腹になるダイエットをしたいのであれば、最初に食べるのは野菜です。レタスやキャベツなどの葉物の野菜や、きのこなどの食物繊維が多いものから食べるようにしましょう。その後は、肉や魚などを食べ、最後にご飯やパンなどの炭水化物を食べるようにします。

野菜を最初に食べることによって、血糖値の上昇を抑えることができます。血糖が抑えられると、ホルモンの分泌も抑えられるため、それだけ満腹感が得られます。

献立には汁物を

必ず汁物を入れるようにしましょう

毎日の献立には必ず汁物を入れるようにしましょう。

汁物を食べることによって、胃の中が満たされるため、満腹感を得られます。毎食味噌汁では飽きてしまうという方は、朝は味噌汁、昼はわかめスープ、夜はクラムチャウダーウダーなど、汁物の種類を変えてみると良いでしょう。

汁物がどうしても苦手という方は、食事中にお茶やお水をゆっくりと飲んで胃の満腹感を得ても良いです。

メニューは丼ものよりも定食を

メニューは丼ものよりも定食を

お昼は会社の同僚とランチに行くことが多いという方は、ランチメニューの選択にも気を付けて!

丼ものよりも定食メニューを選ぶことが大切です。丼ものよりも定食を食べた時の方が、満腹感を感じませんか?

丼ものはどうしても単品になってしまい、見た目で満足感を得ることができません。定食メニューは、お肉やお魚などの主食と、野菜炒めやサラダなどの副食、ご飯と汁物とお皿が分かれていて、見た目にも満腹感を得やすい料理です。

PR