断食で健康になれる!プチ断食で健康的に痩せよう
132views

断食で健康になれる!プチ断食で健康的に痩せよう

今までダイエットをやってきたけれど、どれも長く続かず成功しなかったという方へ、断食で健康的に痩せる方法をご紹介しましょう。断食と言っても、いきなり1日なにも食べないというわけではありません。3日間の期間を使って、徐々に断食をしていく方法をご紹介します。

プチ断食で健康的に痩せよう!

最近食べ過ぎてしまいがちだという方、これまでいくつものダイエットに失敗してきたという方、断食で健康的に痩せる方法をご紹介しましょう。週末の3日間を使って、プチ断食をする方法をみていきましょう。

どうして断食で健康になれるの?

断食で健康的に痩せる方法をご紹介しましょう

現代人は食べすぎだと言われています。

ある医師は、健康な体や元気の源をつくるのは、薬ではなく自分の体の中にある細胞であると話されています。細胞を元気にするためには、余計なものを食べないことが大切です。食べないことは、一見体に悪そうにみえますが、随時働いている内臓を休めることができるため、良いことなのです。

病気の原因は、細胞が老化することによって起こります。食べ物に入っている食品添加物や保存料が細胞の老化を進め、体の機能をだんだんと低下させてしまいます。断食をすることによって、内臓を休めて、健康的な体をつくれるのです。

断食で自然治癒力アップ!

断食で自然治癒力アップ!

断食をすると、内臓を休めることができることはわかりましたね。断食は内臓を休める以外にも、体の中で素敵な変化を起こさせることができます。

断食をすることで、体の中には血液の材料である食べ物が不足してきます。しかし、人間は生命を維持するために血液を作りださなければいけません。食べ物がない場合、何を使って血液を作り出すのでしょうか。それは、私たちの体の中にある不要な細胞です。

不要な細胞というのは、脂肪や病気の原因となる細胞などです。これによって、断食をすることで痩せることができたり、病気に掛からない体をつくることができます。断食をすることで自然治癒力がアップするので、体が元気に健康的になれるのです。

3日間プチ断食のやり方

水分は寝る前にとっても良い

では、週末3日間を使ったプチ断食のやり方をご紹介しましょう。初めてプチ断食をおこなうときは、病気や怪我をしているときを避けて、体調が良いときにしましょう。

【1日目(金曜日)】

初日は断食を行うための準備の日です。本格的な断食は2日目に行うため、初日はいつもの食事量よりも少なく食べることを基本とします。

下記の4点を注意して過ごしましょう。

■昼食は腹八分目までにおさえる

■夕食はいつもの半分の量にする
(寝る3時間前までに夕食を食べ終える)

■いつもよりお茶やお水を多く飲むようにする
(水分は寝る前にとっても良い)

■お酒は飲んではいけない

腹八分目の食事

【2日目(土曜日)】

2日目は断食日です。水以外は何も食べずに過ごします。

この日は、血糖値や血圧の高低差が出てくるため、激しい運動をすることは控えます。読書やお散歩などゆったりと過ごしてください。水分は多めにとりましょう。

水以外は何も食べずに過ごします

【3日目(日曜日)】

2日目の断食で、30時間以上は内臓を休めることができています。急に食べ物を食べると胃腸をいためてしまうため、朝食はおかゆ1杯をゆっくりと味わって食べましょう。しっかりと噛んで時間をかけて食べることが大切です。

3日目は、下記に注意して過ごしましょう。

■昼食・夕食は普段の半分の量におさえる

■お酒は飲んではいけない

週末にプチ断食をした月曜日は、朝食を普段の8割程度にして、だんだんといつもの食事量に戻すようにしてみてください。

プチ断食をしてみて、体の調子が良くなったと感じることができれば、だんだんとプチ断食の週末を増やして、体調を整えてみられてはいかがでしょうか。

プチ断食で胃腸すっきり

PR