共役リノール酸の効果を知ってダイエットに取り入れよう!
53views

共役リノール酸の効果を知ってダイエットに取り入れよう!

今、ダイエットをしている人の間で共役リノール酸の効果が注目されています。共役リノール酸は脂質に分類されますが、魅力的なダイエット効果があると言われています。そんな共役リノール酸の具体的な効果と、共役リノール酸の摂取方法とは?

脂肪燃焼には共役リノール酸が◎!

共役リノール酸とは?

共役リノール酸は、不飽和脂肪酸の一種です。不飽和脂肪酸は、脂肪という名前が付いているものの脂肪燃焼効果が高いと言われています。具体的には、血液に含まれるコレステロールや中性脂肪を調整する働きがあります。ダイエット中は脂質NGが基本ですが、不飽和脂肪酸の場合はダイエット中でも取り入れることが勧められています。

共役リノール酸とリノール酸は名前が似ていますが別物です。リノール酸は植物油に含まれているのに対し、共役リノール酸は乳製品などに含まれています。

共役リノール酸の効果とは?

共役リノール酸の効果は、大きく分けて2つあります。

まず1つ目が脂肪を燃焼させる効果です。共役リノール酸は体内で酵素の働きを促進する効果があります。酵素が活性化されることによって脂肪が燃焼されやすい状態になります。

そして2つ目が、体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果です。このような2つの効果から、効率的に脂肪を燃焼させることができます。ぜひ、ダイエット中に取り入れたい成分ですね。

共役リノール酸の効果とは?

ダイエット中は、食事による摂取カロリーを調整する必要があります。そのため、多くの人はダイエット中に空腹感を感じてしまうでしょう。共役リノール酸には満腹感を与える効果もあるため、ダイエット中の辛い空腹感を和らげることができます。辛いダイエットは継続することができませんが、共役リノール酸をプラスすることでダイエットが継続しやすくなるでしょう。

更に、共役リノール酸は冷え改善にも効果的です。共役リノール酸には血流を改善する働きがあり、これによって代謝がアップします。代謝がアップすれば脂肪燃焼しやすくなるため、ダイエット効果がより高まると言えるでしょう。女性に多い冷えはダイエットの大敵です。共役リノール酸で冷えを改善し、効率的にダイエットをしましょう。

共役リノール酸の副作用と摂取方法

共役リノール酸の副作用に注意!

共役リノール酸の副作用に注意!

ダイエット中にぜひ取り入れたい共役リノール酸ですが、副作用もあるため注意が必要です。共役リノール酸の副作用は、過剰に摂取することによって逆に太ってしまう点です。前述したように、共役リノール酸は脂質です。そのカロリーは1gで9kcalと決して低くはありません。ダイエット効果を求めて摂取し過ぎてしまうと逆効果になります。

共役リノール酸にはダイエット効果以外にも、動脈硬化の予防効果やアレルギーの抑制効果が期待できます。このように健康にも良いとされる共役リノール酸ですが、過剰に摂取すると血液中の善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加してしまいます。そのため、健康のためにも摂取のし過ぎには十分注意しましょう。

共役リノール酸の摂取はサプリがおすすめ!

共役リノール酸の摂取はサプリがおすすめ!

共役リノール酸は、牛乳・バター・ヨーグルト・チーズなど乳製品に含まれています。他にも、牛肉・鶏肉・羊肉などの肉類、オリーブオイル・菜種油・大豆油・紅花油などの油に含まれています。しかし、これらの食べ物に含まれる共役リノール酸の量はごくわずかと言われています。

そのため、ダイエット目的で共役リノール酸を摂取するのであればサプリメントを利用しましょう。共役リノール酸は、食事や運動の前に摂取することでより効果が高まります。1日3回、食事の前に摂取することを心がけましょう。

PR