一日のカロリー量を意識した食生活がダイエットの秘訣
127views

一日のカロリー量を意識した食生活がダイエットの秘訣

最近ではどの女性誌をみても必ず特集ページが組まれているのがダイエットです。様々なダイエットが登場していますが、基本的にダイエットはカロリーとの闘いです。このページではダイエット初心者の為に、一日のカロリー量計算の重要性についてご紹介しています。

一日のカロリー量を意識する

口に入れた物のカロリー計算を行うのがおすすめ

ダイエットを行う場合には、自分がどのくらいカロリーを摂取しているかを知るために、口に入れた物のカロリー計算を行うのがおすすめです。カロリー計算は、口に入れた食べ物のカロリーを意識して、その日1日の間で摂取したカロリーの合計値を知る事です。

最初は面倒かも知れませんが、慣れてくると無意識に購入するお弁当やパンなどのカロリーを意識できるようになります。カロリーを確認する作業を行う事で、意識しなかった時に、どれだけ摂取していたかを知る事もできますし、製品によっては想像以上にカロリーが多い物もあるのでびっくりしてしまうかも知れません。

一日のカロリー量を知る事でダイエットに様々なメリットがあります。このページでは、カロリー計算のメリットやダイエットに大切な事などを紹介していきます。

年齢による摂取カロリー量

年齢によって必要なカロリーは違う

一般的な成人女性の摂取カロリーは、1700キロカロリーから2800キロカロリーとかなりの幅があります。これには大きく分けて二つの要因が関連しています。

まず一つ目は単純に年齢が要因になっている点です。人間は年を取る度に体内における新陳代謝は悪くなっています。新陳代謝が減っているという事は、それだけ基礎代謝が減っているという事になりますので、必要なカロリー量は減って行きます。その為、同じ物を食べていたとしても、昔に食べていた量食べた場合には、当然太りやすくなってしまうという事です。

二つ目は労働環境です。デスクワークなのか、宅配業や建設業のように全身を使う肉体労働なのかによってもカロリー消費が変わってきます。それぞれの年齢と労働環境に合わせてカロリーを摂取する様にしましょう。

食事制限をしたくないのでしたら

食事制限をしたくない場合には、カロリーに見合った運動を行う必要が

太りたくない、それでも食事制限をしたくない場合には、カロリーに見合った運動を行う必要があります。身体を動かす事で運動によるカロリー消費と共に、筋肉が付く事で基礎代謝を上げる事ができます。つまり運動はその時だけでなく、将来的に痩せやすい身体を作る事ができるのです。運動をしなければ、日々基礎代謝は落ちて行きますので、運動で基礎代謝を上げる事はとても有効な手段だと言えます。

運動の種類は好みがありますが、基本的には有酸素運動がおすすめです。いきなりランニングなどを行ってしまうと筋肉がついていませんので怪我に繋がる可能性がありますので、初めはウォーキングなどがおすすめです。合わせてスクワットなどを少しずつ行うとさらに効果的に痩せる事ができます。

リバウンドをしないダイエットにするには

カロリー計算をしてても太ってしまったり、一旦痩せてもリバウンドしてしまい太ってしまうようになります。リバウンドをせずに痩せようと思ったら、カロリーを意識しながらも身体によい栄養素を積極的に摂取するのは重要になります。

身体は必要な栄養素が足りていないとお腹がすきやすくなりますし、摂取した炭水化物や糖を脂肪に変換して体内に蓄えようとする力が働きます。これは人間が生命を維持しようとする人間が本来持っている仕様になりますので、単純にカロリーを減らしただけでは逆効果になってしまう可能性があります。

ビタミンやミネラルが豊富な物を意識的に摂取したり、パンを食べるなら全粒粉を使った物にしたり、お米なら白米ではなく玄米などに変えるだけで効果があります。

PR