メタボ体型の体は熱い?冷えてる?減量が必要な場合でも…メタボで冷え症の心配がある!
77views

メタボ体型の体は熱い?冷えてる?減量が必要な場合でも…メタボで冷え症の心配がある!

メタボの症状は、生活習慣病につながる大変危険な体の状態となります。そのため企業では定期的な検診を行うことでメタボの症状がある社員に対しては、改善するプログラムや減量するための注意を行う企業があるほどです。驚きますがメタボで冷え性の心配があるので、メタボにおいては正しく理解しておくことが必要です。

メタボはそもそもどのような体の状態なのか?

メタボとは!?

メタボリックシンドロームと呼ばれるメタボの体型は、生活習慣病と関係があるとても病気になりやすい体の状態です。特にメタボは、内臓脂肪型肥満と呼ばれるもので、この肥満症の状態になると高血圧、心筋梗塞や糖尿病などの生活習慣病の原因につながることになります。

そのため今では、メタボ体型に該当している場合では減量して体をメタボ体型から脱却する必要があります。また、この体型になると驚くことにメタボで冷え性の症状になるため身体にとって大変悪い健康状態になります。

メタボ体型に該当してしまう診断基準とメタボ予備軍?

80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s メタボ おへそ ウエスト 腰 女 woman diet ダイエット 痩せる 測定

メタボの体型は、日本で診断基準とされているのが男性と女性で異なるウエストサイズになります。高血圧や糖尿病等の生活習慣病になりやすい体型と言われているこのメタボの診断基準では、ウエスト周りが男性の場合は85センチ、女性の場合は90センチを超えるにはメタボの体型と言われます。

さらにメタボに該当する場合には3つの数値内2つ以上該当するとメタボと診断されることになります。この数値は、中性脂肪値、血圧そして血糖値の数値が一定以上の場合にはメタボになります。このメタボの症状で、数値やウエストサイズが該当しない状態であっても、基準値より少し低い状態の人たちをメタボ予備軍として減量の対象とされている場合があります。

特にウエストサイズの数値がメタボ体型に近い状態やウエストサイズが肥えている場合には、健康診断なので医師から強くダイエットを支持される場合があります。

メタボと診断された!諦めずにダイエットに励む!

運動や食事療法を行うことでメタボを改善することが可能

メタボと診断されてしまった場合には、その状況から改善されないわけではなく、運動や食事療法を行うことでメタボを改善することが可能です。メタボの体型は内臓脂肪が増えている状況になるので、この内臓脂肪を減らす運動や食事制限を行うことになります。

メタボを解消させるためには運動を行う時に注意したいのが、脂肪を落とす運動を行うことです。

次に筋力を増やすことで日ごろの基礎代謝がアップすることができます。基礎代謝がアップすることで、適度な運動をするだけでも体の脂肪を燃焼することができるので、余分な脂肪を減らすことができます。

メタボ体型の人の場合には、運動不足の状況になっている人が多いです。そのためいきなり体の負担となる運動を行うよりは、徐々に体を慣らしていく体の負担の少ない運動から始めるのがベストな方法です。

ウォーキングからジョギングを始めていき、体力がついてきたところでスポーツクラブや筋トレなどの運動を始める方法があります。メタボの体型を改善するためには運動を行いこの運動の習慣を継続することはとても必要なことです。

メタボの運動をするときには、効果的なカロリー消費を行うためにもサプリメントも上手に活用する方法があります。これ以外にも脂肪分解が促進される飲み物を利用するなど脂肪減少に効果のある食事を採用することが必要です。

メタボを改善するために運動を行う事はとても身体にとって良いことですが、日ごろから体の運動をしていない人の場合には、運動することで空腹になります。しかし、メタボを改善するためには食事制限やメタボに効果的な食事も摂取する必要があります。メタボ体型を改善するための食事療法では、毎回の食事を腹八分目にする、カロリーを減らす減量食を採用する方法があります。

肉類中心の食事から野菜中心の食事に変更することもメタボには効果的な食事療法となります。また、メタボの改善をするためにダイエットを行うことになりますが、急激なダイエットは体の負担が多くなります長い周期でダイエットを行う必要があります。

驚き!メタボと冷え性との関係?

メタボと冷え性との関係?

冷え性といえば女性特有の症状だと考えてしまいますが、最近増えているのが若い男性の冷え性の問題です。冷え性を放置しておくことでメタボになる原因と考えられているため、冷え性の症状がある場合には対策を行う必要があります。

メタボは内臓脂肪型肥満の体型ですが冷え性になると内臓の機能が低下することになります。特に冷え性は女性の症状だと考えてしまうと、男性で冷え性になると考えることができないため、深刻な症状になるまで放置されることになります。内臓脂肪が多く蓄積されることが、内臓を冷やしてしまう脂肪が多く蓄積されていることになります。そのため他も体型の場合には内臓を冷やすことで内臓機能が著しく低下する場合があります。

メタボで冷え性に該当している場合には、内臓機能が正しく活動していないことがあります。早くダイエットすることでメタボ体型から外出する必要があります。

PR