油断するとすぐにカロリーオーバー!体脂肪率を減らす食事とは?
141views

油断するとすぐにカロリーオーバー!体脂肪率を減らす食事とは?

体脂肪を減らすには、運動と食事制限が一番です。特に食事制限は、一番効果が現れやすい方法でもあります。体脂肪率を減らす食事はできるだけ低カロリーで栄養バランスのよい食事を取るように心がけましょう。また食事方法で痩せるのであれば、短期戦よりも長期戦でじっくりと行うことが大切です。

体脂肪率を減らす食事はカロリー計算が大切

毎日の積み重ねが大切なのです!

体脂肪率を減らす食事は栄養バランスの整ったカロリーを抑えた食事
体脂肪率を減らす食事は栄養バランスの整ったカロリーを抑えた食事です。体脂肪計付きの体重計に乗ってみて、自分の体重と、体脂肪率を見て愕然としてしまった経験はありませんか?体脂肪を落として、スッキリとしたボディを目指したいと思うのであれば、運動と食事制限が必要です。運動で体脂肪を落とすには、物凄い努力が必要です。しかし体脂肪率を減らす食事であれば、運動をするよりも楽に行うことができます。そこで体脂肪率を減らす食事についてご紹介します。

三食、きちんと考えること

体脂肪率を減らす食事をするには、毎日食事のメニューを計画する必要があります。家にあるもので適当に作ればいいのではないかと思ってしまいますが、やはりお腹が空いていると、自分の好きなものが食べたくなってしまったり、ついつい食べ過ぎてしまいがちになってしまいます。あらかじめ、カロリーを考えてメニューを計画しておけば、そうした誘惑にも負けなくなります。

基本は和食主義!

基本は和食主義!
和食はごはんと魚類、汁物があれば、自然に体脂肪率を減らす食事が完成します。洋食の場合だと、油を使った料理や肉類、濃厚なソースを使った料理がどうしても多くなります。またパンもごはんに比べると腹もちがあまりよくないため、ついついたくさん食べ過ぎてしまうのではないでしょうか。体脂肪を減らすには、洋食よりも和食中心の食事の方がよいと言えるでしょう。

体脂肪率を減らす食事習慣について

食事の間隔があかないようにしましょう

食事の間隔があかないようにしましょう
体脂肪率を減らす食事習慣として是非守りたいのが、食事の間隔が空き過ぎないようにすることです。食事の間隔が空き過ぎると、空腹になり過ぎてしまい、よく噛まずに食べてしまったり、ドカ食いしてしまうこともあるでしょう。また空腹感が強まり過ぎると、食事の吸収率も高まってしまうため、食べた物が体脂肪となって蓄積されやすくなってしまうのです。朝食や昼食をぬいてしまうと、身体が飢餓感を覚えてしまうため、ダイエットしているつもりが、逆に脂肪が蓄積されやすい身体になってしまう場合もあります。

間食を2回入れ、一日5食にすれば脂肪がたまらない

体脂肪率を減らすには、食事を小分けして食べると、空腹感を感じずに済むためストレスなしで痩せることができます。午前中の10時と午後3時に間食を一日の摂取カロリーの範囲内で取れば、体脂肪を落としやすくなります。

味付けを薄くすると、体脂肪を減らしやすくなります

ダイエット中は、食事は味付けを薄くするようにしましょう。味が濃いとどうしても食がすすんでしまうため、いつもよりもご飯をたくさん食べてしまうことになってしまいます。薄味で、ダシを効かせた食事にすると体脂肪を落とすことができます。

ダイエット期間は長く設定しましょう

体脂肪率を減らす食事でダイエットをするのであれば、短期間で結果を出そうと思わず、長期戦で結果を出しましょう。長期戦のよいところは、リバウンドしにくいところです。短期間で体脂肪を落とし、痩せることに成功しても、身体が元の状態に戻ろうとして、同じように食事を取っても、脂肪を蓄えようとするからです。また長期間続けた食生活によって、スリムな体型を維持し続けることができるでしょう。

PR