夏は太りやすい季節。体についた脂肪をスッキリ落とす夏太りの対策をしよう
91views

夏は太りやすい季節。体についた脂肪をスッキリ落とす夏太りの対策をしよう

夏はビールがおいしい季節。また、夏はお盆にお祭りと何かとイベントごとが多いですね。ビールと一緒に食べる唐揚げなどのおつまみは、油や脂肪分がたっぷり。夏太りをしてしまったからだを引き締めるために夏太りの対策を行いましょう。夏太りをそのままにしておくと、食欲の秋到来で、さらに体重が増加してしまいますよ。

夏太りをしてしまう理由とは?

夏はどうして太りやすいの?毎年夏になると太ってしまうという方、夏太りをするのには理由があります。夏はどうして太りやすいのか、まずは、その理由についてみていきましょう。

夏が太りやすい3つの理由

【基礎代謝の低下】

夏は体温よりも外気の気温の方が高くなります。冬は気温よりも体温が低いため、体温をキープするために体の中のエネルギーを燃やそうとする働きが起こりますが、夏はその逆です。

体内のエネルギーを必要以上に使わなくても体温が保てるため、基礎代謝が低下することになります。基礎代謝が低下すると、同じ運動量でも消費されるカロリーが低くなるため、痩せにくくなってしまいます。

【運動量の低下】

夏は最高気温が38度や39度になる日も多くあります。そんな暑い中、外に出て運動をすると熱中症になってしまったり、暑さで体力がうばわれてしまうことにつながりかねません。

外に出て運動をしている方であっても、夏の季節は普段よりも運動量が低下することになります。よって夏の季節は運動量低下のため太りやすくなります。

【摂取カロリーの増加】

暑い夏といえば、ビールや炭酸ジュースなどの冷たい飲み物や、アイスクリームやかき氷などの冷たい食べ物ではないでしょうか?夏の季節には、そのような冷たいものを過剰に摂取しがちです。

炭酸ジュースにはたっぷりと砂糖が入っていますし、アイスクリームやかき氷のシロップにも糖分がたっぷり。摂取カロリーが増加することで、夏は太りやすくなってしまいます。暑い夏といえば、ビール!

今からでも遅くない、夏太りの対処法

これまで冷たい飲み物や食べ物を過剰に摂取したり、運動不足であったという方は、これから夏太りの対策を行いましょう。

これからでもまだ遅くはありません。夏太りのまま秋へ突入すると、食欲の秋でさらに太ってしまいます。夏に太った脂肪分を解消する方法をご紹介しましょう。

夏太り対策法【運動】

運動をする場合は早朝や夕方に夏太りをしてしまった体を、運動をしてひきしめましょう。

夏に行う運動ですが、炎天下の中ジョギングやウォーキングをすることは危険です。運動をする場合は、太陽が昇る前の早朝か、日が落ちてからの夕方に行うようにしましょう。ウォーキングは朝の涼しいうちがおすすめです。

また、室内プールでのスイミングも最適の運動方法です。泳ぐことが苦手という方は、水中ウォーキングから始めてみましょう。だんだんと水に慣れてくれば、ビート板などを使って泳いで運動をすると良いですよ。

夏太り対策法【食事】

暑い夏は汗を多くかきやすいですよね。汗と伴に体の中のビタミンやミネラルが流れていってしまうため、それらの成分を食事でしっかりと補う必要があります。

ビタミンとミネラルは、脂肪を燃焼するときに必要となる成分で、それらの成分が体内から少なくなると脂肪の代謝が低下してしまいます。特にビタミンB1とビタミンB2は必要なので、レバーやうなぎなどで補うようにしましょう。

夏太り対策法【生活スタイル】

しっかりと湯船につかって体を温めることが大切夏太りをしてしまう方は、お風呂をシャワーですませている方が多いようです。夏でもしっかりと湯船につかって体を温めることが大切です。体温が上がると基礎代謝もアップするので、夏も浴槽に浸かってゆったりリラックスをして体をやすませましょう。

また、睡眠時間が5時間未満の方は、太りやすい傾向にあるようです。しっかりと睡眠時間を確保して、夏太り対策をしましょう。

PR