冬より夏の方が太りやすいだなんて大ショック!夏太りの原因とは?
83views

冬より夏の方が太りやすいだなんて大ショック!夏太りの原因とは?

夏太りの原因は冬に比べて基礎代謝率が落ちることが原因です。冬の時期は寒いため、身体の熱を作り出すためにも、基礎代謝率が自然と上がります。他にも冷たいものを食べ過ぎたり、運動量も低下するため、消費カロリーよりも、摂取カロリーが自然に上回ってしまうことも多いのです。エアコンの当たり過ぎも原因の一つです。

夏太りの原因とは?

冬より自己管理を徹底しなければなりません。

夏は冬に比べて、ダイエットをしても思うように効果がない夏は冬に比べて、ダイエットをしても思うように効果がないということをご存じでしょうか。冬は外気の温度が低いため、身体の体温を作るために、かなりの熱量が消費されていきます。

しかし、夏は外気の温度が体温に近くなるため、身体の体温を作りだすのに、あまり熱量が消費されません。つまり冬はじっとしているだけでも基礎代謝率が高まるのに対し、夏は基礎代謝率は下がってしまうため、夏は太りやすくなってしまうのです。

そのため、夏のダイエットは冬よりも厳しめに自己管理を行う必要があるのです。

汗をかく夏場は水分を取り込みやすくなります

暑い夏は、冷たい飲み物や食べ物に自然に手が伸びてしまうのではないでしょうか。

特に炭酸飲料を飲むとスッキリとした爽快感を味わうことができたり、冷たいアイスクリームで暑さをしのぐこともできます。こうした糖分を含んだ冷たい飲み物や食べ物は、ついつい何度もおかわりしてしまいがちです。また汗をかく分、他の季節に比べて、塩気の効いたポテトチップスなどのスナック菓子がおいしく感じられます。

また夏休みという気分もあって、スナック菓子にもついつい手が伸びます。こうした生活を続けていくと、水分と塩分を取り込み続けていくことになるため、身体がむくみやすくなってしまいます。またカロリーオーバーによって太りやすくなるのです。

エアコンの発達も夏太りの原因でした!

外と内との間で温度差がありすぎる!

外と内との間で温度差がありすぎる!8月になると猛暑日が続きます。通勤するだけでも汗びっしょりになってしまうこともあるのではないでしょうか。

特にアスファルトとビルが立ち並ぶ都会では、かなり高い外気温で38度超え、40度超えという日々もあります。反対に、部屋の中やオフィス、デパートなどの商業施設ではエアコンの発展のおかげで24度ぐらいの快適に過ごせる温度が保たれています。

身体の方もエアコンの冷たい風で身体が冷やされたり、反対に外気温で身体が激しく温められていくと、あまりの温度差で、具合も悪くなってしまう方もいます。夏の間、こうした生活を続けていくことによって、自律神経の働きも悪くなってしまうため、基礎代謝も落ち、夏太りの原因となるのです。

夏太りを予防するにはどうしたらいいの?

夏太りを予防するには、基礎代謝率を上げること、身体の自律神経の働きをよくすること、内臓や身体の冷えを解消することが大切です。そこで、規則正しい生活を送ることや、自宅でのエアコンの温度はできるだけ高く設定すること、オフィスでは体温調節ができるように薄めのカーディガンを羽織ることが大切です。

また夏は簡単にシャワーで済ませてしまうことも多いかもしれませんが、湯船にしっかり浸かることも大切です。お風呂でしっかりと身体を温めることによって、身体機能も向上し、基礎代謝率を上げることができます。

食事を簡単にすませない

食事を抜いて冷たくて甘い飲み物を飲んでいたら太りやすくなってしまいます暑いとどうしても食欲が落ちてしまうため、食事を抜いてしまったりすることも多いのではないでしょうか。食事を抜いて代わりに冷たくて甘い飲み物を飲んでいたら、ますます身体は太りやすくなってしまいます。そこで夏の時期こそ、しっかり三食いただくようにしましょう。

温かい白いご飯や、温かい味噌汁やスープなどは、内臓をしっかり温めてくれます。身体の底からしっかり温めることによって、身体の中で熱量が生まれ、基礎代謝を上げてくれます。夏は三食しっかり食べて、燃えやすい身体を作りましょう。

PR