菌活の効果とは?4つの菌を食生活に取り入れてダイエットしよう
104views

菌活の効果とは?4つの菌を食生活に取り入れてダイエットしよう

菌活の効果を取り入れながらダイエットを促進する方法を紹介します。4つの菌を毎日の食生活に取り入れ、菌の力でダイエット効果を高めましょう。具体的にどのような菌で効果が高まるのか紹介しています。色々な菌を取り入れましょう。

菌活とは?

菌活とは体に良い効果をもたらす菌を食事に取り入れる方法です菌活とは体に良い効果をもたらす菌を食事に取り入れる方法です。美容や健康などに注目されており、腸内の環境が整うとダイエット効果もあるといわれています。毎日の生活でどんな菌を取り入れたらよいのか?そして菌を多く取り入れるとどのような菌活の効果が得られるのが紹介します。

毎日取り入れたい菌の種類

菌といっても様々な菌類があります。食物繊維が豊富でβグルカンなど健康に嬉しい成分も入っているキノコにも菌が豊富です。日本食でいえばお酒や漬物・味噌などに使われる麴菌、納豆菌も菌が多く含まれます。洋食では乳酸菌などの菌が入っているヨーグルト、チーズ・パンに使う酵母菌も取り入れたい菌です。

菌活で得られる嬉しいダイエット効果

菌を多く取り入れると免疫力アップ、腸内環境を整える、美肌効果などが期待できるといわれています。その中でも女性が興味があるのがダイエット効果でしょう。それぞれの菌による痩せる効果について解説していきましょう。

キノコの効果

キノコの効果キノコにはビタミンB群が豊富で脂肪や糖の代謝をスムーズにする効果が期待できたり、食物繊維の効果で便秘解消、キノコキトサンで脂肪の排泄を促す効果があるとされています。更にたっぷりと食べても低カロリーなため、ダイエット中には積極的に取り入れたい食品です。また、βグルカンは食物繊維の一種で免疫力アップに良いといわれています。風邪をひきやすい方、持病をお持ちの方、アレルギー体質の方にもおすすめです。

麴菌の効果

日本人が古くから食べてきた味噌に麴菌が含まれています日本人が古くから食べてきた味噌に麴菌が含まれています。カビの異種でお米や大豆などを熟成させるのに使われています。この麴菌は食べると体内の酵素を作り出す力が強く、代謝にも関わる酵素の働きを高めてくれます。塩麴をお肉に漬けておくと柔らかくなるように、でんぷんやたんぱく質の分解を高める効果が高くなっています。
食事で取り入れる場合は熱には弱いため、できるだけ生のまま摂取する方法がおすすめです。加熱する場合でも50度~60度くらいが目安となるため、味噌汁に味噌を入れる場合は再加熱せず温める程度に留めましょう。また、麴の漬物のように生のまま食べられる方法も麴菌のパワーを生かすことができます。

乳酸菌の効果

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の効果ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え悪玉菌を減らす効果が期待できます。腸内環境が整うと毒素が排泄され、体がすっきりとしていきます。
乳酸菌は便が排泄され体がすっきりとする効果だけじゃ無いのです。痩せ難い人は自律神経が乱れている方も多く、このバランスと関係があるのが腸なのです。腸は第二の脳とも呼ばれ、腸が整うと免疫力アップや精神的な影響まであるといわれています。
乳酸菌は胃酸でほとんどが死滅するため、腸まで届く乳酸菌を選ぶのがポイントです。ヨーグルトや乳酸菌飲料では独自の開発による菌が使われている商品も多く、腸まで届くか確認しておきましょう。ただし最近では死滅した乳酸菌でもまったく効果が無いとは言い切れないことがわかってきているため、こまめに摂取しながら腸の環境を整えるようにすると効果的です。

酵母菌の効果

酵母菌とは真菌類の一種で、パンの発酵に使われるイースト菌もこのひとつです。日本でも日本酒やビールに使われ、広く親しまれてきました。たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンDが豊富で熱に弱い性質を持っています。
ダイエットに嬉しい効果は糖質の吸収を抑える働きです。過剰に摂取した糖質を分解し、消化や吸収を高める効果もあるため、糖質が多い食事をする方にもおすすめの成分です。更に食物繊維も豊富で腸内環境を整え便の排泄を助けます。ビタミンB群の栄養の代謝も促すため、食べた栄養が脂肪になりにくいのが特徴です。

PR