妊娠中にダイエットするのはダメ?体重が増えてしまった時はどうした良い?
60views

妊娠中にダイエットするのはダメ?体重が増えてしまった時はどうした良い?

妊娠中って体重管理がとっても大切です。太りすぎても痩せすぎてもいけません。では太りすぎてしまった時はどうしたらよいのかというと、ダイエットをして体重を減らす必要があります。妊娠中にダイエットなのかと不安になる妊婦さんもいると思います。妊娠中でも体に負担をかけるずにできるダイエット方法をまとめました!

妊娠中にダイエットってそもそもして良いの?

 

妊娠中にダイエットってして良いの?

妊娠初期につわりが酷かった人でも、妊娠中期に入るとつわりが治まり、急に食欲が強くなることがあります。そうなると体重の増加が大きくなりついつい太りすぎてしまうということになります。いくら妊娠中で体重が増えてしまうからと言って太りすぎは妊婦さんにも赤ちゃんにもよくありません。体重が増えすぎてしまった場合はダイエットをして体重のコントロールをする必要があります。妊娠中のダイエットは痩せるためにするのではなく、体重をコントロールするということを目的にしたものであればしてよいのです。健康的な体重を維持し、元気な赤ちゃんを産みましょう!

妊娠中は体重管理がとっても大切!

体重が低すぎる場合、子宮内の赤ちゃんがうまく育たなかったり、早産してしまう危険性が大きく上がります。逆に太りすぎてしまった場合には、妊娠高血圧症候群などが引き起こされるリスクが高くなります。赤ちゃんが育ちすぎて帝王切開による出産になることもあります。元気な赤ちゃんを安全に産むためには体重のコントロールがとても大切になります。

体重管理の仕方!

体重管理の仕方!
推奨されている体重の増加は、妊娠中期から妊娠後期にかけては、普通体型ややせ気味体型の方は1週間に0.3キロから0.5キロぐらいの増加が良いとされています。肥満体型でもともと体重高い方は、医師に相談して体重の増加量を決めるという風にされています。一日一回必ずなるべく同じ時間に体重を量り記録をつけるようにしてきちんと自分の体重を把握するようにしましょう。

どこからが太りすぎなのか・・

妊娠前の体重からは、8キロから10キロくらいの増加が望ましいとされています。病院によって異なる場合があるので確認をしておくと良いです。目安としては10キロ以上増えてしまった場合は、増えすぎということになるので、ダイエットをする必要が出てきます。

妊婦でも無理なくできるダイエット法!

ダイエットには運動!負担のない軽い運動をしよう!

 

ダイエットに一番良いのはやっぱり運動です。運動と言っても妊娠前の人が行うような激しい運動は絶対にしてはいけません。妊婦さんは、ゆっくり体に無理のない軽い運動をするだけで大丈夫です。オススメの運動は家の近くを散歩したり、いつもよりも少し遠めのスーパーに買い物に行ってみたり、家の中で軽い拭き掃除などをするなどです。このような運動を行う場合には必ず安定期に入ってから行うこと、疲れたり体に違和感を感じたらすぐにやめて休むことに注意してください。

日々の食事も体重のことを考えて食べるように!

 

6342350641_c57807c90a_zダイエットで定番の食事改善です。これも普通のダイエットのように無理な食事制限をしてはいけません。バランスの良い食事をしっかり食べながら体重を減らすということを目指します。妊娠中はついつい甘いものを食べてしまったり、食の好みが変わって偏食になりがちになったりしがちです。毎日自分の食べたものを記録したり、徐々におやつの量を減らしていくなどして自分の食生活を把握するようにしましょう。記録して改善できそうなところから少しずつ改善していきましょう。

妊娠中にダイエットをする際の注意点!

妊娠中のダイエットは自分のためのダイエットではなくお腹の中にいる赤ちゃんのためのダイエットです。無理な運動を続けたり、栄養の偏った食事をしてしまうと赤ちゃんの健康に悪い影響が及んでしまいます。赤ちゃんのことを第一に考えたダイエットをする必要があります。出産後の育児のことも考えて赤ちゃんも妊婦さん自身も元気でいられるようにしましょう。

PR