二の腕が早く痩せる方法って?ダイエットの運動法はコレ
158views

二の腕が早く痩せる方法って?ダイエットの運動法はコレ

二の腕についてしまったお肉はダイエットを頑張ってもなかなかとれないもの。また、二の腕だけ上手にやせることができれば、もっと自信を持っていろんなファッションを楽しめるのにと思っている方も少なくありません。ここでは気になる、二の腕が早く痩せる方法をご紹介します。

どうして二の腕はやせにくい?

筋肉より脂肪が多い

なかなか痩せない二の腕

全身ダイエットを頑張った方ほど実感する、なかなか痩せない二の腕。それは、二の腕を組織している脂肪が他の部位よりも多くなっているためです。全身の脂肪率がさがってきてもなかなか成果が目に見えて現れないのは仕方のないことといえます。

筋肉がつきにくい

体の他の部位に比べて筋肉が少ないのは、使う事が少ないから。筋肉は使わなければ細くなっていくため、あとは脂肪が残るだけになります。普段使う事の少ない二の腕が引き締まっていると、努力をしている証ともいえるでしょう。

たるみが残る

上手に脂肪を減らすことができたとしても、なぜかぷるぷるしてしまうと感じるのでは。それは皮膚のたるみが残っているためです。たるみがとれれば痩せた分ひきしまり、スッキリとした二の腕がつくり出せるでしょう。

早く痩せるための方法は?

筋肉の付け方に気を付ける

筋肉の付け方に気を付ける

とりあえず二の腕を使いそうな筋トレをやみくもにやるだけではきれいなライン作りは難しくなります。早く痩せる方法の近道は、まず、どんな姿にしたいかイメージすることです。スラッとしたいのか筋肉が適度にあるしなやかな姿にしたいのかなどです。

ダイエットを志す女性なら、すらっとしなやかな姿を目指すのではないでしょうか?それなら、外側の筋肉ばかりきたえる筋トレはさけなくてはなりません。

インナーマッスルを鍛える

体の内側にある細い筋肉がインナーマッスル。ぐっと強い力を入れてトレーニングをすると外側の太い筋肉ばかり使われて細い筋肉は一向に鍛えられません。動いているか実感することの難しい筋肉ですので、慣れが必要になります。使っている体感のひとつとして、体の内側から熱くなり汗がじわじわと出てくるというものがあります。

二の腕痩せエクササイズ

二の腕をねじる

気が付いた時にいつでもできる手軽なエクササイズで、立った状態でもいすに座った状態でも可能です。
すっと背筋を伸ばして手の力を軽く抜き手のひらは開きます。その状態で二の腕の芯を動かさずに前後にねじる方法です。強く力をこめないのがポイントでこれを毎日こまめに繰り返します。

後ろ向き腕立て伏せ

まず体育座りになり、お尻の斜め後ろに両手をつきます。その状態で体を支えて行う腕立て伏せです。
一般的な腕立て伏せとは違って、やり慣れていない方法なので無理をせずできる程度の負荷から始めましょう。あまりやりすぎると外側の筋肉ばかり鍛えられてしまうので、疲れすぎない位がおすすめです。
仕事中、イスに座った状態で休憩ついでに行うのもリフレッシュになります。

全身の代謝を上げる運動

全身の代謝を上げる運動

二の腕は脂肪が多いので冷えやすい部位です。冷えると代謝がさがり、脂肪の燃焼効率も落ちてしまうので代謝を良くする運動を行いましょう。部分的に行うより全身の代謝を上げた方が体があたたまりやすくなります。

手軽に行える運動としてはウォーキング、または軽いジョギングも良いでしょう。体の代謝をアップした上で二の腕エクササイズを行えば効果アップが期待できます。
そして適度に運動をしていると体全体にハリがでてくるため、気になるたるみの解消にも役立ちます。さらに老廃物の排出もスムーズになるので、きれいな肌にも。

PR