火傷した時の入浴方法は患部をラップで保護してから入浴しましょう。
18,027views

火傷した時の入浴方法は患部をラップで保護してから入浴しましょう。

火傷した時の入浴方法は軽い火傷であれば、自宅にあるラップを使って患部を保護しながら入浴しましょう。ただしお湯による火傷の場合だと、水泡が出来ている可能性があるので、湯船に使うのは当分の間やめておいた方が無難です。水泡蓋がある状態であれば、ラップで保護し、シャワーのみで簡単に済ませましょう。

火傷した時の入浴方法とは

そもそも火傷をしたときは入浴してもいいの?

火傷したときはお風呂どうする

火傷をしたとき、お風呂に入っていいのかどうか悩むことはありませんか?
火傷の程度が小さければ問題はないのですが、少し大きい火傷の場合は、判断に困ることもあるのではないでしょうか。火傷をした場合、入浴した際にお湯が患部にかかるとバイ菌などが入らないかが一番心配なのではないでしょうか。火傷をした時にお風呂にはいるかどうかについては、火傷の状態によって決めなければなりません。水ぶくれが出来ているときは、入浴はしない方が無難です。どうしても、身体を洗いたいという場合は、患部にラップを巻き、お湯がかからない状態にしてから、患部にお湯がかからないようにシャワーで簡単に済ませる方が無難です。酷い火傷の場合には、やはり病院へ行き医師に相談してから、入浴した方が無難です。

熱湯でやけどした場合には水泡が取れるまでシャワーで

火傷したときには患部を水にぬらさないように

熱湯でやけどした場合には、水泡ができます。水泡蓋をできるだけ保存した方が、やけどの治りが早いため、なるべく触らないようにして、シャワーを浴びるようにしましょう。水泡蓋がめくれ、中のジュクジュクとした成分がすべて取れたのならば、湯船に入っても問題はありません。水泡は流水で洗い流すと、患部が清潔になるので、治りが早くなります。しかし、水泡蓋を無理やり引きはがしてしまうと、治りが遅くなってしまうので、気をつけましょう。

ラップで保湿する方法が主流になってきました

乾燥させるより湿度を保つ方が治りが早い!

テレビなどの情報番組で火傷のお手入れ方法について色々と報道されています。昔の火傷の治し方は、患部を乾燥させて、瘡蓋が出来自然に剥がれおちるまで待つ方がよいとされてきました。しかし現在では、ある程度患部に湿度があった方が治りが早いということがわかってきました。家庭で手軽にできる方法として、火傷部分に、患部より大きめに切ったラップを覆うようにして張ると効果があるという事が研究データーで明らかになっています。そのため、家庭での応急処置も、ラップを使う方法が世間に浸透してきたのではないでしょうか。火傷の傷部分は、毎日清潔に洗いながら、ラップを交換していくと、皮膚の再生も早くなるため、治りも早くなります。

入浴中はラップで保護しましょう

ƒ‰ƒ火傷あとをラップ等で覆ってから被ってから入浴しましょう

火傷した時の入浴方法は、軽めの火傷程度であれば、ラップで保護しながら入浴するとよいでしょう。最後にラップ部分をはがして、ぬるめのシャワーで患部の汚れを洗い流します。洗い流した後は、清潔なタオルで水分を拭い取り、患部を清潔に保つことが大切です。お風呂から出たら、また患部にラップを張っておきましょう。

軽い火傷なら皮膚が出来あがるまで一週間!

火傷の後、皮膚が再生されるまである程度の時間がかかります。軽い火傷であれば、皮膚ができるのに一週間程度かかります。ラップを外すタイミングは皮膚が出来てからが無難でしょう。重い火傷の場合だと、皮膚が出来あがるのに、一か月から二か月程度かかるので、根気良くケアを続けていかなければなりません。火傷の傷は、途中のケアをしっかり行うことで、傷が残りにくくなります。形成外科や皮膚科の先生の指示を守りながら、火傷が治る最後まで通院することが大切です。

PR