その不正出血はストレスが原因かも!自分のストレスサインに気付いていますか?
614views

その不正出血はストレスが原因かも!自分のストレスサインに気付いていますか?

不正出血はストレスが原因となることもあるですが、自分のストレスサインに気付いていますか?心が安定するように努めることでその不正出血をなくせるかもしれません。今回は人それぞれ違うストレスサインの出方や、手軽にできるストレス解消法もお伝えします。

あなたは自分のストレスサインに気付いていますか?
ストレスを感じることは誰にでもあることだと思います。

では、自分にはどんなストレスサインが出るか分かっていますか?
気分が落ち込む、イライラ、食欲がおちる、眠れない、朝起きられないといった心の反応や、さらにはカラダの反応として、疲れがとれない、肌荒れ、やる気がおきない、頭痛、めまい、息苦しさ、耳鳴り、胃が痛むなど。人それぞれ違った反応で表れるのではないでしょうか?

わたしは、顔がピクピク痙攣します。このような反応があるにも関わらず、なかなかストレスから抜け出せいないのが現実。でも、カラダがサインを出しているのに気付かないでいると、心の病や病気にかかってしまうことがあります。

不正出血はストレスが原因となることも

女性の不正出血もストレスが大敵

ストレスとの関連が報告されている疾患には、高血圧、脳卒中、虚血性心疾患、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、摂食障害、自律神経失調症など幅広くあり、他にも慢性の腰痛、頭痛、気管支喘息など自分ではストレスかどうか判断できないものまであることをぜひ知っておいて下さい。

今回、女性のトラブルとしてとりあげる不正出血はストレスなどによるホルモンバランスの乱れや体の不調も原因のひとつになるとされています。
不正出血は通常の生理以外に出血することで、「そういえば」と心当たりがあるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

気付いて、不正出血はカラダのSOSサイン!?

不正出血は体のSOS

もちろん不正出血の原因には、女性特有の病気が潜んでいることもあるので、ああストレスね、と安易に自己判断はできませんので注意してください。
例えば、子宮頸がんや子宮頚管ポリープ、子宮筋腫などで起こる不正出血は、早期発見のためには少量の出血でも見逃さない事が必要になってきますので覚えておいて下さい。

排卵期にも不正出血が起こることがありますし、妊娠中であれば子宮外妊娠や流産の可能性などもあります。
その中でも、ストレスや不規則な生活、極端なダイエット、更年期や思春期に伴うホルモンバランスの崩れ、それが不正出血の原因となるケースが多いそうです。

そもそもストレスについて知っていますか?

ストレスは変化

日常生活で頻繁に「ストレス」という言葉は使われていますが、そもそもストレスって何?と考えてしまいました。
ストレスと聞くと、なんだか悲しいことや嫌なことが原因になると思っていましたが、実はもともとはうれしいことや楽しいこともストレスの原因、つまり外部から刺激をうけたときに生じる緊張状態のことを言うそうです。

騒音など身の周りの環境や、病気などからだのこと、不安や悩みなどこころのこと、人間関係など日常どこにでも潜んでいるそんな変化がストレスの原因なのです。
いわゆる人生の節目である入学、就職、結婚、出産といったプラスの出来事であっても変化なので、ストレスの原因になります。

分かっていてもなかなか難しいストレス解消

先に挙げたようなストレス関連疾患にならないためにも、まずはストレスのことを知って、自分のストレスサインを知って、早めにストレスを取り除くまたは低減するために手をうつ必要があるのです。

そこでストレスの解消方法になるのですが、「ストレス発散できる趣味を持て」なんてよく言われるけど、それを始めようとするのもストレスを感じるっていう人いませんか?
それなら、まずはあたりまえのことをあたりまえにすることから始めません?

それは「規則正しい生活」を送ることです。
あ、やっぱりと思った人!とくに食生活や睡眠を意識するだけでも、自分のカラダを整えることができて免疫力も高まってきます。
睡眠の質と量を確保すれば、ストレス耐性は高まるそうです。

こんなストレス解消法はいかがでしょう

ストレス解消法を持ちましょう

日記など文字で書き出すことも客観的に自分を振り返ることができるストレス解消に効果があるようです。
また、ストレス解消法として話題となっているのが「涙活」「笑活」です。
特に声に出して笑うこと、面白くなくても意識して笑うのでもいいと言われていますよね。これなら手軽に出来そう。
心が安定して、ホルモンバランスが整えばストレスからくる不正出血もなくなるでしょう。

やはり、わたしはがん検診などの健康診断を活用することをおすすめしたいと思います。
気になることがあった都度、受診するのが理想ですが、正直、病院に行くのって勇気がいりますよね。だからわたしは検診の日を「えいやっ!」って決めてそのときに気になることをまとめて相談します。
何もなくても知識として自分のためになるし、何もなければそれに超したことはないですものね。
女性特有のことって、人にはなかなか相談しづらいし、人と比較することもできなくてモヤモヤするもの。ネットで検索するともっと不安になったりして。

不調に気付いたらそれはカラダからSOSのシグナルだと思ってください。
「ストレスだから大丈夫」と自己判断しないで、「ストレスだから自分のカラダを守ろう」です!

PR