この生理不順、もしかするとストレスの生理への影響かも?!いったいどうしたらいいの?
66views

この生理不順、もしかするとストレスの生理への影響かも?!いったいどうしたらいいの?

ストレスの生理への影響で生理が遅れてしまっていたり、期間がやたら長い、短いなどなんだか不調だって人多いですよね。実はつらい生理不順、いったいどうしたらその不調を緩和することができるの?一緒にチェックしていきましょう!

なんだか気持ちがもやもや・・・そんな時に生理が来ない!生理の間隔がおかしい!ってことありませんか?それってストレスが影響しているかもしれませんよ。

ストレスの生理への影響ってやっぱり起こるものなの?

ストレスって生理に影響ある?

”ストレス”というのは男女問わずない方がいいもの。でも学校生活、社会生活、家庭生活などなどいろいろなことで人はストレスにさらされています。その問題の”ストレス”ですが、女性の場合それにとりホルモンバランスに影響を及ぼすことが多いようです。

生理がくるタイミングや期間などでストレスを感じているかどうかがわかってしまうほど、生理はストレスがあるかないかのバロメーター的存在といっても過言ではないそうです。というのもホルモンの分泌というのは精神的なストレスが影響し、不順を引き起こすといったことが多いそうで、現代社会の生理不順の原因のほとんどが”ストレス”といっても過言ではない世の中なんだそうです。常にストレスを感じていない人であっても一時的に強いストレスを感じただけであってもその周期が変化してしまうこともあるんだとか。

やっぱりストレスは生理に影響ある!

一時的でも影響があるというのにびっくりですよね!

現代社会での”ストレス”ってどんなものがあるの?

1:どうしても人間関係で”ストレス”を感じてしまう。そんな人も多いですよね。
やっぱりストレスを感じやすいと思うのが「人間関係」でのことです。会社や学校などで人と合わない、何か不愉快なことをされる、感じるなどが多いと思います。そしてそれらを打ち明けたりする人が身近なこと過ぎていない、できないってこともありますよね。
そんな時にオススメなのが「ノートなどに書いて発散する!」です。何かしら発散することがあることで、そのストレスを軽減できることだってあるんです!ぜひ一度やってみてくださいね。

2:過度なダイエットをして身体に”ストレス”を与えてしまっている。どうしてもダイエットってしたいですよね。早く効果を出したいからといって無理なダイエットはしていませんか?
食べたいものを食べないといったことでもストレスになりますし、必要な栄養を取らないといったことで身体にストレスを与えてしまいます。ぜひとも急なダイエットは控えて、栄養バランスを考えたダイエットを心がけるようにしてくださいね。

運動のし過ぎにも注意!!

運動のし過ぎも生理不順の原因

最近ではマラソンにハマっている人多いですよね。ついついフルマラソン頑張りたいからって無理をしていませんか?
というのも実はアスリートの4割が生理不順を訴えてるって話もあるんです。過度なトレーニングで女性ホルモンが低下してしまうことで生理不順が起こってしまうといった弊害もあるんだそうですよ。

最後に

生理ってくるとちょっとうっとうしく思ったりするので、生理が来ないことが多かったりすると内心「ラッキー♪」って思う人も少なからずいるかと思いますが、生理不順は将来の”不妊”へとつながってしまうことだってあります。
ぜひとも生理不順を軽く考えることなく、過ごすようにしてくださいね。

そして長く生理不順が続いたりする場合はぜひとも婦人科の受診をオススメします。早めの対策が将来の不安やしんどさを軽減してくれるきっかけとなることになりますよ!!

PR