春~秋にかけて身近な場所で活発化するダニ!ダニの跡を消す方法は??
75views

春~秋にかけて身近な場所で活発化するダニ!ダニの跡を消す方法は??

人間が生活している場所には、ダニがたくさん住みついているのを気にしたことはありますか。特に、春先から秋にかけてば、ダニの活動が活発化しているので、刺されてしまい、傷口の跡が残ってしまうこともあります。そこで、ここでは、ダニの跡を消す方法を教えちゃいます!!

ダニに刺されるとどうなる??

激しい痒みに襲われる!!

春から秋にかけて、活動が活発になるダニですが、このダニに人間が刺されると、蚊とは比べものにはならないほどの痒みに襲われます。蚊であれば、数日もすると、自然と痒みは治まり、赤く腫れてしまうこともなくなります。

しかし、ダニに刺されてしまうと、1週間ほど腫れが引くことなく、強い痒みが残ってしまうこともあります。この患部を掻きむしってしまうと、炎症を起こしてしまい、化膿することもあるので、ダニに刺されるという事は意外に厄介なことなのです。

激しい痒みに襲われる!!

ダニの跡を残さないようにするには??

ステロイド薬を塗ろう!!

ダニに刺された場合は、ステロイド薬を塗るのが一番効果的です。

ただし、ステロイドを間違えて使うと、副作用を受けてしまうことがあるので、皮膚科に相談してから使用するようにしましょうね。特に、小さな子どもの場合は、医者を頼った方が絶対に安心です。大人でも、絶対に跡を残したくない場合は、皮膚科を受診しましょう。

ステロイド薬を塗ろう!!

市販の虫刺されの薬を塗る

ダニに刺されたぐらいで、病院へ行くのは面倒だったりする場合は、市販薬を使って痒みを抑えるようにしましょう。痒みを抑えるための対策をすると、ひっかくことがなくなるので、早く治すことができます。

市販薬は、CMなどで有名な薬もたくさん販売されていますが、症状をきちんと薬剤師や登録販売者に相談してから購入するようにしましょうね。

市販の虫刺されの薬を塗る

患部をパッチで覆う!!

少しでも痒いと気になってしまう子どもなどは、かゆみ止めパッチなどを利用するようにしましょう。パッチで覆ってしまうと、皮膚を傷つけることがないので、跡が残りにくくなりますよ。

患部をパッチで覆う!!

ダニの跡を消す方法は??

どうしても痒みを我慢できず掻いてしまい、ダニの跡が残ってしまう場合は、下記のダニの跡を消す方法を試して下さいね。

皮膚科医に相談する!

もし、ダニの跡を消したい方に、お金と時間の余裕がある場合は、皮膚科医に相談し、レーザー治療などをすれば、ほとんどの跡が消えてしまいます。しかし、レーザー治療なんてなかなか踏み切れないですよね。この方法は、とりあえず最終手段に取っておきましょう。

皮膚科医に相談する!

新陳代謝を高める!!

ダニの跡を消すには、新陳代謝を高めることが有効です。新陳代謝を高めるには、ビタミンCをたくさん摂るように心がけましょう。市販のサプリメントや食事でもなんでも良いですよ。また、夏などは、紫外線によるシミ対策にもなるのでおススメです。

他には、肌に直接シミを消すクリームを塗るのも有効です。また、一般的なシミ対策と同様に、美白美容液を付けることも効果があります。虫刺されの跡は、シミよりは沈着が薄いので、早くて1ヵ月くらいで薄くなる可能性がありますよ。放置しておくと、肌が色素沈着してしまい、シミになるので、すぐに対策を始めるようにしましょう。

新陳代謝を高める!!

肌の保湿も忘れないように!

跡が残ると、他の部分に比べて肌が乾燥していることが多いです。シミ対策のクリームを塗った後は、その後、保湿クリームをしっかり塗って、乾燥しないようにしましょうね。保湿クリームは、ワセリンやニベアなど簡単に手に入るもので十分ですよ。

PR