母子ともに危険!!妊娠中に水疱瘡にならないために
77views

母子ともに危険!!妊娠中に水疱瘡にならないために

妊娠中に水疱瘡になると、水疱瘡になったタイミングによって、胎児も妊婦も命の危険が伴うような病気になってしまう可能性があります。もちろん、その確率は低いかもしれませんが、出来る限り自分で予防しないといけません。妊婦さんと水疱瘡の関係について、そして水疱瘡にならないためにできることをまとめました。

妊娠と水疱瘡の関係

水痘ウィルスが妊婦さんと胎児にもたらす影響とは

妊娠すると、気を付けたい病気があります。ですから、その前に検査をしたりすることが多くあります。妊娠が発覚してから血液検査があるのは、そういったところを知るためでもあります。

その中に、意外と身近な水疱瘡という病気があります。

多くの方が予防接種を受けていたり、小さい頃に罹ったことがある病気ですが、この水痘ウィルスが胎児と妊婦にとってあまり良い影響を持たないということを知っていましたか?

今回は、その水痘ウィルスが妊婦さんと胎児にもたらす影響を中心にまとめました。

妊娠中に水疱瘡にかかったら?

早産、流産の可能性が高くなってしまう

もしも、妊婦さんが水痘ウィルスの抗体を持っていなくて、妊娠中に水疱瘡に罹った場合、まず気を付けたいのが早産、流産の可能性が高くなってしまうことです。

また、妊娠初期で水疱瘡に罹ってしまった場合に、胎児の脳の発達、体の発達に支障を来す可能性が高くなります。ですから、例え無事に出産できたとしても、その後の赤ちゃんの成長の中で、障害が出てきてしまう可能性もあるのです。

出産間近で水疱瘡になってしまう「周産期水痘」

妊婦さんが水疱瘡に罹ってしまう場合、特に心配なのは妊娠初期と妊娠後期です。

初期は、胎児の成長に関して支障がありますが、後期は周産期水痘が心配になります。「周産期水痘」は、母親が水疱瘡に罹っているときに出産をしてしまうタイミングを言います。

母親が水疱瘡の場合、母親の体内で水痘ウィルスに対してきちんと抗体が出来たタイミングで出産できれば、あまり問題ではありません。しかしながら、水痘ウィルスに対する抗体が出来上がっていない状態で出産をしたことによって、赤ちゃんも母親も水痘ウィルスに対して抗体がないために、そのウィルスによって赤ちゃんが死亡してしまう可能性があるのです。

抗体がない状態で、さらに免疫力が弱い赤ちゃんにとって、ウィルスはさらに赤ちゃんを攻撃してしまうのです。分娩の5日前から分娩後2日までの間にお母さんが水疱瘡に罹っていた場合、赤ちゃんが死亡する確率が2割もあるのです。

早産の場合「周産期水痘」が怖いんです。

早産の場合「周産期水痘」が怖い

現代の医療では、早産で生まれてきた赤ちゃんも普通の子供のように成長するケースは多くなっています。

しかしながら、きちんとした妊娠周期を持って生まれてきた赤ちゃんと違い、早産で生まれてきた赤ちゃんは、通常の場合でも感染症などが一番危険です。水疱瘡のウィルスの感染力はかなり強力であるために、本当に恐れなくてはなりません。

妊娠前、妊娠中と水疱瘡の関係

まずは検査をしよう

過去に水疱瘡に罹ったという確固たるものがあれば良いですが、もしも不安であれば、抗体検査はすぐにすることが可能です。

ですから、妊娠中というよりは、赤ちゃんが欲しいと思ったら、検査をするということも良いでしょう。心配事がありながら妊娠するのではなく、きちんとした基盤を作って安心して妊娠したいですね。

家族が水疱瘡になっても落ち着いて

もしも、上の子やご主人が水疱瘡になっても、妊婦さん自体に抗体があれば問題はありません。

水痘ウィルスは非常に強い感染力を持っていますが、母体で抗体があれば胎児に感染することもありません。また、万が一、抗体がない妊婦さんでも、家族が感染したと同時に予防接種を受ければ、予防できる確率は7割だと言われています。

PR