なんだかフワフワふらつくめまいが続く・・・これはどういうサインなの?
108views

なんだかフワフワふらつくめまいが続く・・・これはどういうサインなの?

めまいに対して悩みを持っている方は意外と多いのです。めまいというと、脳に何か影響があるのかな?血液の流れが悪いのかな?と思うかもしれませんが、このフワフワふらつくめまいはどうやらストレスと大きな関係があるということがわかりました。フワフワふらつくめまいの原因、対処法について調べてみました。

フワフワふらつくめまいの原因は!?

フワフワふらつくめまいの原因は!?

めまいがひどくて立っていられないほどではないし、フワフワふらつく以外にそこまでの体に痛みがあったりするわけではない。けれど、ふとしたときにフワフワふらつくめまいがあることがありませんか?それは何かしら、体の不調を訴えるサインなのです。

めまいには2つのタイプある

まず最初に、めまいには2つのタイプがあります。

それは、三半規管に何らかの問題や原因があって、ふらついてしまう真性めまいと、ストレスや心因が原因で発生してしまう慢性めまいです。

真性めまいの場合には、はっきりとした原因がある場合がほとんどです。脳や内耳に異常があるためであり、こういった場合にはきちんとした原因を探す必要があります。

一方で、慢性めまいは、根本的な原因がはっきりせずに、ストレスや緊張といった精神的、神経的な問題が交錯しているのです。このフワフワふらつくめまいは、後者の慢性めまいによるものです。

フワフワふらつくめまいはストレスからくる?

フワフワふらつくめまいはストレスからくる?

フワフワふらつくのはいつごろからでしたでしょうか?仕事が忙しくなったり、生活のリズムが乱れ始めてからではないでしょうか?フワフワふらつくめまいが慢性めまいの一種であることですから、問題はストレスやそのほかの心因的な問題によるものなのでしょう。

フワフワふらつくめまいとストレスの関係

フワフワふらつくめまいとストレスの関係

フワフワふらつくめまいの原因が、きちんと特定できないのは事実なのですが、主な原因はストレスです。つまり、ストレスが原因で発症する病気がこういった症状を生むことになります。では、どういった病気が考えられるのか調べていきましょう。

自律神経失調症

フワフワふらつくめまいの多くが、自律神経失調症をまず疑います。

自律神経が乱されることによって、めまいももちろんですが、常に体がだるい、疲れが取れない、動悸があるなどさまざまな症状が見られます。まずは、自律神経を整えることが大切です。自律神経を整えるためには、規則正しい生活をすることが大切です。

日差しを浴びることによって、体内時計もきちんと整いますし、さらに食べ物も3食きちんととることを心がけましょう。また、睡眠をとり、ストレスをためないように生活を見つめなおすことです。

ストレス発散だといって、夜更かしすることは、心のストレスが発散できますが、体にはストレスがたまったままになりますから、やめましょう。こういった普段の生活を心がけるだけでも、改善されるようになります。

パニック障害

パニック障害

急に不安なことがあったりすると、動悸・息切れやめまいなどを起こすのがパニック障害です。これは自律神経失調症とは異なり、神経的な病気になります。心に極度のストレス(この場合パニックになる原因)を感じたとき以外でも若干のめまいを感じることがあります。

うつ病

また、さらに症状が悪化すること、次に疑うのがうつ病です。うつ病もストレスなどが原因にはなりますが、症状のひとつとしてフワフワふらつくめまいがあります。

なかなか区別がつきにくいもの

これら3つは、一概に診断をするのが難しいところでもあります。勝手な判断をすると、余計に病状が悪化する可能性もあります。ですから、勝手な判断をしないことが大切です。

医療機関できちんと診察することも必要ですが、医師としても判断できかねるところもあるのが事実です。こういった症状が現れたときには、勝手に判断することなく、根本的な原因わかっていたら、ひとつずつ改善することで、症状が治まるかもしれません。

PR