グルグル目が回る…!めまいの原因はいったい何?
204views

グルグル目が回る…!めまいの原因はいったい何?

急に立ち上がったり、動いたりするとグルグル目が回るといった症状を感じたことってありませんか?意外と知らない、めまいの正体。そのめまいの裏側には危険な病気が原因となっているケースもあるのです。めまいの原因と、対処方法を見ていきたいと思います。

グルグル目が回るめまいの正体…

めまいの正体ってなに

まず、めまいについてお話します。

普段は、体がフラフラしないでまっすぐに安定して日常生活を送っています。その理由は、耳の内耳にある「前庭」という部分が体のバランスをとる働きをしてくれているからです。

ですが、めまいが起こる場合、内耳・前庭神経、または、中枢神経側にある脳幹・小脳に異常があることが考えられます。

めまいは大きく分けると3種類に分けられます。立ちくらみを伴うめまいと、浮動性・動揺性のめまい、回転性のめまいです。

今回は、「回転性のめまい」についてお話します。少し怖くなってしまうかもしれませんが、覚えておいて損はありませんので、覚えていてください。

回転するめまい「回転性のめまい」について

天井がぐるぐる回るような感覚に陥るめまいは「回転性のめまい」

天井がぐるぐる回るような感覚に陥るめまいは「回転性のめまい」です。

この症状が出た時は、耳の異常が原因で起こることが多いです。ほっておくと難聴になってしまう可能性もあります。

また、脳幹や小脳などの中枢神経の病気でもこの症状がみられることがあるのです。

心配のない回転性のめまいは、急に体を動かした後に突然強い回転性のめまいに襲われる場合です。早めに診療が必要なめまいは、難聴や耳鳴りを伴う回転性のめまい・風邪をひいた後に起こる回転性のめまいです。

難聴や耳鳴りを伴うものは「メニエール病」の可能性を疑います。この病気は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。芸能人の方もテレビで告白している病気の1つです。風邪をひいた後に起こるものは「前庭神経炎」という可能性を疑います。

メニエール病は、命に危険はありませんが、進行すると耳鳴りが残ってしまったり難聴が進んでしまうこともあるので、早めの受診をお願いします。

「前庭神経炎」は吐き気や嘔吐がありますが、難聴や耳鳴りの症状がないのが特徴です。こちらも命に危険はありませんが、少し治療に時間がかかりそうなので、こちらも早めの診察をお願いします。

回転性のめまいと頭痛・吐き気・手足にしびれがないのに体のバランスが崩れて歩くことが困難な場合は、「小脳出血」の可能性がありますので、直ちに病院へ!この病気は、血圧が高い方やご年配の方がなりやすいものですが、油断は禁物です。ご自身がどの症状に当てはまり、どの病気の可能性があるのか考えてみてください。

めまいが起こったら…

病院へ

もし、めまいが起こってしまっても焦らないでください。

回転性のめまいの場合、体を動かすほど症状が悪化することが多いです。焦らないで、安静にしていてください。「安静に」これが重要です。

脳のほうに異常がある場合もあります。知り合いが、めまいと頭痛と吐き気を訴えて、病院に搬送されたが間に合わなかった…ということも聞いたことがあります。頭痛・吐き気・体のバランスが崩れてうまく歩くことができないなどの症状がある場合は、かかりつけ医に連絡してください。

我慢はしてはいけませんよ!女性は結構な頻度で、めまいが起きているかもしれません。

それが、どんなめまいなのか知っておくと、外出先でもしなってしまったら、役に立つかもしれません。パートナーにも話しておくとその時、スムーズに対応してくれるかもしれませんね!

PR